たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市


2020年05月16日

新型コロナウイルス対策がもたらしたことは新しい医療体制の確立 後 鍼灸院は心安らぐ医療施設としての地位確立へ

 清野鍼灸整骨院ホームページ

 新型コロナウイルス感染拡大により、世界における西洋医学の病院体制は、AIやロボットが主体になり、ロボットが行う手術を医師が管理する時代が訪れるでしょう。

 医療の質が落ちる場合と向上する場合があるかもしれません。確実に言えることは、人と人が触れ合う場面は、確実に減少するということです。

 濃厚接触という言葉を日常的に聞くようになりました。医療従事者は濃厚接触者ですが、今後濃厚接触する医療は、鍼灸師、柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師といういわゆる東洋医学に基づいた医療をする人に限定されていくことでしょう。

 我々がこれから念頭に置かなければならないことは、患者様がウイルスや微生物全般を保有している前提で、感染しないさせない医療体制をいかにして確立していくかが問われることになります。

 そのうち、空港の税関や飛行機に乗る時に行う検査装置の様な検査場所を通れば、体温はおろか血液検査やレントゲン検査のような画像検査まで、一瞬にして出来る時代が来ると思います。ウイルスを除去する装置が出来るでしょう。そのような施設を持った鍼灸院が誕生するかもしれません。

 保菌している人を前提とした医療体制の確立は、簡単ではありません。あいかしながら、そのことをクリアできれば、残るのは、人とのふれあいです。病気が治る医療をすることは前提ですが、その付加価値として、こころ安らぐ医療施設、こころの安らぎを得る場所となるはずです。

 21世紀に必要な医療施設、西洋医療とは真逆の医療施設になるだろうと思っています。

 新型コロナウイルス対策がもたした生活変容は、鍼灸院や整骨院の新しい医療体制を確立させたと、将来語られることでしょう。

新型コロナウイルス感染防止対策に万全を期す努力を続けています 安心安全な治療体制を敷いて診療を行っております
清野鍼灸整骨院が行っている最新新型コロナウイルス感染防止対策 感染予防に全力を挙げています

令和2年(2020年)5月16日(土)
 東京・調布 清野鍼灸整骨院
  院長 清野充典 記

※本日たまりばランキング10位  


Posted by 清野充典  at 01:08Comments(0)清野充典の東洋医学ひとりごと

2020年05月14日

新型コロナウイルス対策がもたらしたことは新しい医療体制の確立 中 医療のAI化

 清野鍼灸整骨院ホームページ

 新型コロナウイルス感染が問題になるまでは、治療に使用する器具を滅菌すれば良いという考えだったと思います。鍼灸院に限っていれば、鍼治療をする際の針は、滅菌して使い捨てをしていれば安全だという考えです。

 しかしながら、感染経路として飛沫感染が認められている今、従来のように診療するスタイルは、完全に無くなったといえます。医師が診察する前にAIがある程度振り分け、本当に人の手が必要なときだけ人間同士が触れ合う形式へとなることでしょう。

 手術室は無菌状態ですが、今後は、診療室や入院室をいかにウイルスを除去した状態にするかが求められるようになると思います。

 すでに、ウイルスを除去する機械は開発されていますが、生産が追い付かない状況のようです。治療室の構造自体を変更する必要が生じるだろうと予測しています。

 これからは診療する際、全ての患者様がコロナウイルスを含めた様々な微生物を保有していると仮定して、どうしたら院内感染を起こさない安心できる診療体制を構築できるか、ということを1~2年毎日考えて続けていかなければならないでしょう。それは、即ち社会の変容とともに歩むことでもあります。

 新型コロナウイルス対策がもたらしたことは、従来不十分だった感染症に対する新しい医療体制の確立を齎したのだろうと、今の時点で言えると思います。

清野鍼灸整骨院が行っている新型コロナウイルス感染防止対策

令和2年(2020年)5月14日(木)
 東京・調布 清野鍼灸整骨院
  院長 清野充典 記

※本日たまりばランキング10位  


Posted by 清野充典  at 20:21Comments(0)清野充典の東洋医学ひとりごと

2020年05月13日

新型コロナウイルス対策がもたらしたことは新しい医療体制の確立 前 院内感染防止策の練り直し

 清野鍼灸整骨院ホームページ

 2019年12月に中国・武漢から始まった新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、これからの医療体制に、確実な変革をもたらすことが予想されます。

 約100年前に、スペイン風邪と言われた世界的なパンデミックは、アメリカの軍人がヨーロッパにもたらした感染でした。これにより、当時のヨーロッパにおける生活様式が大きく替わりました。

 人類史上、微生物やウイルスの流行は、幾たびも社会の構造を変えるきっかけになりました。2~3年後にどのような社会になるか予測は付きませんが、今から書くことは、未来予測です。将来読み返し、そうかこの頃はこう考えていたんだなあと思い返すために、文字にしたためることとします。 

 私が今考えていることを、文字に残すことは意味がある事と思っています。

 これまで、治療に使用する器具は、滅菌済みの物を用いて入れば良いという考えだったと思います。鍼治療をする際の針や注射をする際の針等です。治療に使用するシャーレなども滅菌済みです。しかしながら、身体に刺す前に、空気に触れれば、空気中の微生物やウイルスに触れることになるため、完璧を期するためには、手術室のような滅菌室でなければならないわけです。この環境に近づけるために、どうしたらよいか、常日頃考えてきました。

 当院では、使用した針を、医療廃棄物として引き取ってもらっており、専用の箱に保管しています。このようなことを書かなくても当然ではないかと、医療に従事していない人は思うことでしょう。

 しかし、新型コロナウイルスが誕生?してから、この話は、当たり前のように感じるかもしれません。

 滅菌の菌は、細菌の菌です。目に見えない一番小さな生き物を対象として、そのありとあらゆる微生物を死滅させることが滅菌です。今は、それ以上に小さいしかも生き物ではないウイルスへの対策です。幸い、新型コロナウイルスは、現在の滅菌方法を行えば、活動することはできないようですが、唾液とくっついて空気中に浮遊するため、呼吸することすら危険な行為です。人は、呼吸しなければしんでしまいます。新型コロナウイルス感染者が身につけた物は、全て厳重に繰るんで廃棄しています。マスクの廃棄も、簡単に燃えるゴミとして捨てられない環境です。

 従来の治療に用いる器具等を滅菌するだけのシステムでは、院内感染を防止することが出来なくなっています。全ての医療機関が、院内感染防止策や診療する際の感染防止策を考えなくてはならない時代になったわけです。

 防止策は、診療科によって異なる事は当然です。では、鍼灸院や整骨院ではどうしたら良いでしょうか。あん摩をする際、安全に治療するためにはどうしたら良いのか。このことを毎日考えています。

 その私見を言うために、このブログを書いています。

清野鍼灸整骨院が行っている新型コロナウイルス感染防止対策

令和2年(2020年)5月13日(水)
 東京・調布 清野鍼灸整骨院
  院長 清野充典 記

※本日たまりばランキング10位  


Posted by 清野充典  at 10:47Comments(0)清野充典の東洋医学ひとりごと

2020年03月28日

新型コロナウイルスに思うこと

 新型コロナウイルスが、世界中の人に影響を及ぼしています。正式には、COVID-19感染症です。初期に嗅覚障害や味覚障害を伴う風邪様の症状が、悪化すると肺炎に至り致死率が高いことから、警戒感が高まっています。

 現状では、治療薬やワクチンがないため、どこの国でも隔離や自宅待機が対応方法となっています。果たして、これで現状を回避できるでしょうか。隔離病棟や人工呼吸器が患者数に追いつかないため、医療崩壊が起きる状況に追い込まれています。それを少しでも延期・回避するための政策として、不要不急の外出禁止が打ち出されています。医療従事者として、疑問を持ちながら毎日経過を見ています。

 40年近い臨床生活の中で、高熱患者さんを幾たびも治療してきました。発熱は、様々な病気で起きる自己防衛反応です。東洋医学は、身体の働きを助け本に復元する整体観という基本理念に基づいています。そのことを実践する医療が、鍼灸治療や薬草(漢方薬)治療等です。

 鍼灸治療は、免疫力が低下して発熱した人の体温を正常化することが出来る医療です。私の経験では、39度台の人は、治療後38度台になり、2度目(翌日)の治療で37度台になり、3度目(翌々日)の治療で平熱に戻ることを数多く経験しています。肝炎、腎炎、肺炎により多少期間を要する場合もありますが、肺炎を経験して鍼灸治療で回復したことがある自分の経験を踏まえても、確実に疾病に対して有効な治療法であると認識しています。

 コロナウイルスで重篤な状態に陥った方を含め、感染して症状が無い方や初期症状の人に、鍼灸治療をすることによって健康体へと導くことが出来ると考えています。しかしながら、感染者がすぐ管理される状況では、医療を提供する機会がありません。直接身体に触れる医療ですので、治療する側の感染リスクをどのように回避するかという問題が解決されないうちは、現代医療と一緒に医療を行うことは難しい問題です。

 しかしながら、ウイルスはどこにでも存在します。無菌状態で生活することは不可能です。1~2年すれば、インフルエンザと同じ様な感覚でコロナウイルスに対しての認識を持つでしょうが、鍼灸治療が必要なのは、まさしく今です。それだけに、今の状況に対してなにも出来ないことを残念に思っています。

 コロナウイルスに負けない身体作りをするための医療体制に東洋医療・鍼灸治療が取り入られ、将来国民の認識が変わることを願ってやまない毎日です。

2020年3月28日(土)
 清野鍼灸整骨院
  清野充典 記



  


Posted by 清野充典  at 12:30Comments(0)清野充典の東洋医学ひとりごと

2020年02月16日

清野医療システムキャッチフレーズ

 清野鍼灸整骨院が今行っていることを文字にしてみようと思い考えてみた。

 「100年先を行く清野鍼灸整骨院」

 清野充典が行っている清野医療システムのキャッチフレーズを考えてみた。

 「100年先を見据える清野医療システム」

 国際清野医療システム協会が開催するセミナーの宣伝文句を考えてみた。

 「30年後の世界をお見せします。」

 公的なところで書いたら、瞬間的に炎上する内容だろうなあと思いつつ、登録読者数6人に向けた、清野充典のひとりごと。

 いつ死ぬかわからないので、とりあえず文字にしてみよう。清野充典の「東洋医学ひとりごと」。

令和2年(2020年)2月16日(日)
 清野充典 記

  


Posted by 清野充典  at 23:18Comments(0)清野充典の東洋医学ひとりごと

2019年09月06日

清野充典の「東洋医学ひとりごと」

 清野鍼灸整骨院院長清野充典が朝日新聞朝刊に掲載されました

 朝日新聞デジタル『マイベストプロ東京』に清野充典が掲載されました 

 清野充典が【THE ROOTSの取材を受けました


 最近の心境を文字に残しておこうかなと思い、ブログを書いています。

 一介の鍼灸師がこんなことを書いたからといって、誰も読みはしないでしょう。50年後にでもこのブログを目にした人が鍼灸治療に興味を持ち、私の書いたものを目にするきっかけになれば良いなあと思い、綴り始めています。

 あと半年もすると、60歳を迎えます。38年近く鍼灸治療の臨床を行ってきました。私は、中学生の頃より、両親が行っていた治療所の手伝いをしていましたので、かれこれ45年近く東洋医学・医療に浸かっています。

 開業して33年目になりますが、15年前より、様々な大学や研究機関に籍を置き、スタッフに技術を言語で伝えるため、日夜研究してきました。ようやく言語化が可能になったことから、それを臨床現場で具現化するため、2019年・平成31年2月初旬より、全面的に臨床家として復帰しました。

 5年ほど前、病体(患者)の新しい病態把握方法を創出したことにより、患者さんの診断が格段に早くなりました。
 治療法に直結した体系を言語化することが出来たことから、スタッフとの連携が上手くとれ、道具の準備を的確にすることができるようになりました。

 患者様の病態に合わせた医療器具や技術を的確に選択できれば、治療効果は抜群に発揮されます。

 今まで10回以上を要していた患者様の容態が、1~2回で改善可能になりました。
 今まで20回以上を要していた患者様の容態が、4~5回で改善可能になりました。
 今まで30回以上を要していた患者様の容態が、7~8回で改善可能になりました。

 とても喜ばしいことですが、その結果、一日の来院患者数が減り始めました。早く治るため、一人の通院回数が少なくなります。ある意味、当然のことです。その分、新しい患者様が増えれば良いのですが、治療院が数多くある中、一院に患者様が集中することは、考えづらい状況です。治療技術が向上しているにもかかわらず、そのことを上手く伝えることが出来ないでいることが、残念なところです。

 15年以上前、私が先陣を切って診療していた頃は、一日多いときで新患数が20名を超えていました。最高1週間続いたことがあります。その他の週も、毎日10人~15人くらい来院していました。週5日月に20日診療していますので、多い月では、新患数が一ヶ月300人を超えていました。

 20歳代の時は、スタッフ5人で午前90人午後140人一日230人くらい治療していました。よく、300人くらい治療している仲間と効率的に診療する方法を話し合っていました。1時間に30人以上の人が来院して頂く状況です。若い自分にとって、これだけの患者様に接すると言うことは、とても貴重な体験でした。全てに対して、早く行わなければならない状況は、技術を格段に向上させることへ繋がりました。患者様が多いと言うことは、様々な病態の患者様がいると言うことです。大いに、医学・医療の勉強をすることに繋がりました。

 しかしながら、この状態では患者様とゆっくり会話することすら叶いません。この生活を5年ほど経験した後、一日100人前後鍼灸治療する診療体制に変更しました。これにより、一日、10人~15人新患がいらっしゃっても、比較的ゆっくりお話を伺うことが出来るようになりました。

 この頃の悩みは、自分が学んできた知識と技術を、いかにしてスタッフに伝承するかと言うことでした。10人ほどの鍼灸師と勉強会を重ねる内、自分の学力が低いことを痛感しました。そこで、意を決して、大学・大学院へ通学することにしました。

 以来15年、茨城大学、人間総合科学大学、大東文化大学、大東文化大学大学院、日本放送協会学園、東北福祉大学、順天堂大学医学部、順天堂大学大学院に籍を置き、東京大学・早稲田大学・筑波大学・明治大学・青山学院大学・東洋大学・学習院大学・埼玉大学・二松学舎大学等の研究者達とも交流して、鍼灸治療、柔道整復治療や瘀血治療を言語化するために、様々な方向から研究を行ってきました。

 まだまだ、よく分からない病態や難病に対して研究しなければならないことは山積していますが、今まで、全く歯が立たなかった患者様にも、何とか対応が可能になってきました。

 今年2月に臨床を開始する際、研究成果を実感すること、私の考えを理解できる人と臨床することを前提にしました。今いる医療スタッフは、全員10年以上勤務しています。事務員3人も10年以上勤務して、私の考えを支えてくれています。再現性を確実なものとして、文字化するため、記録する時間を必要とすることから、一日の患者数を私一人で50人程度とすることにしました。

 私の拝見する患者様は、あまりにも早い時間で症状が緩解もしくは消失するので、簡単に治ったと思うようです。あまり状態が重くなかったとも思っている感じを受けます。患者様の病状が重いと言うことをあまり言わず、治療についての説明もしないと、短時間で簡単に治って、しかも治療費が対価として高いような印象を持たれているかもしれません。治療時間は、5分~10分程度、病態把握に5分程度で約15分。これで、1時間4人~6人、約8時間で50人程度治療可能です。なかなか、治療方法や治療効果についてまで、説明している時間はありません。

 一人でも多くの人に、速効性のある鍼灸治療を認知して頂きたい、骨折や脱臼・捻挫に対して徒手治療を行うと即座に痛みがなくなることを知って頂きたい、と言う思いが強くなる一方で、なかなか情報が正しく広がらない、、、、というジレンマを毎日感じています。

 今日は、新患4人再患2人いらっしゃって頂きましたが、以前の様にいわゆる口コミは少なく、ホームページを見て来院される方が格段に増えました。これも時代の流れなのでしょう。15年以上前から当院を知っている方は、まだ、私が一日診療を行うようになって半年足らずなので、「院長先生は今日おりますか」という電話の問い合わせが常です。もっと、積極的に、ブログを書いていく必要性がある時代だなあと、思っています。

 治療技術が格段に上がりました。骨折は1人が7箇所骨折した人までを治しました。急性腰痛で動けない人、痛みやしびれが強くて我慢できない人を1回で治すことが出来るようになりました。発症したての顔面神経麻痺、尿管結石、帯状疱疹、突発性難聴などは、服薬していないなどの条件がそろえば、1~2回の治療で治せる様になりました。様々な病態を持つ患者様に対応できる準備が、出来つつあります。

 治療成績が向上した喜び、鍼灸治療・徒手治療・瘀血治療の良さを上手く伝えられない悩み、東洋医学・医療が受け入れられる事への期待、が入り交じった思いを文字に綴ってみました。

 還暦を迎えようとしていますが、今どこも悪いところはありません。まだまだ長生きしそうな気はしますが、何時事故に遭うか、感染して急死に至るか分かりません。こんな事を書いている人もいるんだ、と思っている頂けるようなぼやきにも似た「ひとりごと」でした。

清野充典
 (写真は青森湾に沈む夕日です)

  


Posted by 清野充典  at 19:16Comments(0)清野充典の東洋医学ひとりごと