たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市


2012年05月20日

朗読劇「明暗」

 平成24年5月16日(水)より5月20日(日)まで、東京都新宿区岩戸町7にある「iwato劇場」で、朗読劇が上演されています。

 原作は夏目漱石、演出は大杉良です。

 出演者の一人が、当院の患者さんです。TVアナウンサーで、言えば誰でも知っているCM出演をしていた方です。

 朗読劇は、最近新しいスタイルとして人気の劇です。当院の患者さんは、その先駆者的存在です。

 今日は、最終日なので、観劇に行こうと思っています。
 
 ご興味がおありの方は、足を運んでみてください。

 開演は12時で、当日券は2,500円です。

清野充典 記
(平成23年1月1日より毎日更新中)

※3日に一度「清野鍼灸整骨院府中センターです」を更新しています
※最新最先端の鍼灸治療・東洋医療について、詳細に書いています
※東洋医学の適応範囲をお知りになりたい方は、是非ご一読いただきたく存じます


  • 同じカテゴリー(清野充典雑話)の記事画像
    今日は野川のライトアップ
    調布でオリンピック
    食後のデザート
    慶応大学医学部に来ました
    朝から納豆そば
    56歳になりました
    同じカテゴリー(清野充典雑話)の記事
     今日は野川のライトアップ (2017-04-12 11:07)
     調布でオリンピック (2017-01-27 15:23)
     食後のデザート (2016-09-29 11:52)
     慶応大学医学部に来ました (2016-09-27 18:14)
     朝から納豆そば (2016-06-30 09:24)
     56歳になりました (2016-04-01 12:59)

    Posted by 清野充典  at 00:06 │Comments(2)清野充典雑話

    この記事へのコメント
    先生、わざわざお運びいただきましてありがとうございました。
    まさか・・・と思っておりましたのでビックリしました!
    4日連続公演は初めてで体力が心配だったので、直前に2回治療していただき 助かりました。今度ゆっくりご感想お聞かせくださいませ。
    本当にありがとうございました。
    Posted by 出演患者です! at 2012年05月21日 21:51
     劇は、とても良かったです。

     夏目漱石の小説を読む朗読劇でしたが、感情と動きが伴う舞台は、当初朗読会というよりも舞台稽古を見ているような印象を持ちました。

     最後は、小説に出てくる人物像が浮かび上がってきたので、朗読していた人たちは実力がある人たちだと感じました。

     6人で、いろいろな役を演じていましたが、主役の二人だけが入れ替わらなかったので、分かりやすかったです。

     夏目漱石は、精神に障害を持っていたので、こころの描写がうまかったのだろうと感じました。

     長い小説ですが、特徴を良く描写できた優れた脚本であると感じました。

     夏目漱石の小説は、読みづらい印象でしたが、劇が終わった瞬間『明暗』をゆっくり読んでみたいと思いました。

    以上が、感想です。
    Posted by 清野充典 at 2012年05月23日 00:37
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    朗読劇「明暗」
      コメント(2)