たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市


2010年03月31日

ソウルにある金浦空港の写真です

ソウルは雨です。
  


  • Posted by 清野充典  at 07:49Comments(0)写真集

    2010年03月30日

    韓国の東西医学病院にいます

    ソウルにあるキョンヒ大学付属病院に来ました。2009年にできた自然療法センターを視察しています。
      


  • Posted by 清野充典  at 11:43Comments(0)写真集

    2010年03月29日

    ソウルの夕日です

    韓国に来ました。日没が日本より遅いです。
      


  • Posted by 清野充典  at 18:18Comments(0)写真集

    2010年03月28日

    アジア統合医療会議実施中

    東京大学でアジア統合医療会議が行われています。写真は、東京大学安田講堂です。
      


  • Posted by 清野充典  at 14:25Comments(0)写真集

    2010年03月27日

    東京大学赤門の写真です(^o^)

    日本統合医療学会が、東京大学で「がん」に対するシンポジウムをしています。現在、参加中です。統合医療の研究が、本格的にスタートしました。
      


  • Posted by 清野充典  at 09:04Comments(0)写真集

    2010年03月26日

    統合医療

     「統合医療」という言葉をご存じだろうか。平成22年2月5日に統合医療プロジェクトチームが発足し、10億円の予算が付いた。平成22年4月1日から、全国各地で指定された特別特区の病院で、試験的にスタートする。
     統合医療とは、1人の患者に対し、理想的な治療を提供しようとする医療である。医療には東西の別はない。また、従来日本で行われていなかった医療も含まれている。
     日本を除く世界各国で統合医療の体制が整備されつつあるが、他国と日本との違いは、
      1.日本に伝来し日本で独自に発達した鍼灸治療、漢方治療やあんま治療がある
      2.日本固有の医療である柔道整復治療や日本に伝わる固有の手技治療がある
    ということである。いずれも世界で並び立つ国がない高水準の医療である。これらの治療方法を統合医療という名の下でいかに活用するかが、日本式統合医療に求められている。
     東洋医学の出番である。

    清野鍼灸整骨院「鍼灸医療の適応度・適応症」  


  • Posted by 清野充典  at 18:55Comments(0)統合医療について

    2010年03月25日

    ヨーガ・ラクダのポーズ

    毎週木曜日は、体操教室でヨーガ実施中(^O^)。
      


  • 2010年03月24日

    沖縄の東洋医学・医療

     沖縄で東洋医学を専門に診療を行っている「仲原漢方クリニック」を表敬訪問した。同院は、西洋医学に基づく最先端医療を担っている外科医であった仲原院長が、東洋医学に基づく医療を行っている医療機関である。現代の医学教育や医療体制を考えると、極めて特異な医療機関であると言える。
     患者さんを第一に考えた診療を行っている同院へは、医療従事者や大学研究者たちによる見学者があとをたたず、患者さんも門前市をなしているようである。「仲原漢方クリニック」の存在は、沖縄で特筆すべき医療機関であるが、全国的にみても世界的にみても珍しい。
     東洋医学を望む患者は、日に日に増えている印象を持っている。漢方薬を処方する医師や鍼灸治療を行う鍼灸師のレベル向上が求められている。

    仲原漢方クリニック
    清野鍼灸整骨院「日本から世界へ」
      


  • Posted by 清野充典  at 12:26Comments(0)統合医療について

    2010年03月23日

    沖縄・万座毛の写真です

    黄砂が大分無くなり、景色が良くなって来ました。
      


  • Posted by 清野充典  at 08:37Comments(0)写真集

    2010年03月22日

    世界遺産首里城の写真です

    沖縄は、暑いです(~o~)。
      


  • Posted by 清野充典  at 12:07Comments(0)写真集

    2010年03月21日

    おきなわワールドにいます(^O^)

    仕事で沖縄にきました。エイサーの練習風景です。力強い稽古に元気を貰いました。
      


  • Posted by 清野充典  at 17:53Comments(0)写真集

    2010年03月20日

    日本の鍼灸医療は世界一

     鍼灸治療を行うときに用いる道具を滅菌・消毒することは当然のことであるが、そのことが世界各国の共通認識かというと、あながちそうでもない。日本ほど高い教育水準を誇る国はないことは、30年にわたりいろいろな国へ行って医療現場を見てきた経験からはっきり言える。香港で針の取り扱いがずさんであることがネットで紹介されているが、その背景にあることは十分理解できる。
     「中国の医学」を継承している国は、日本・中国・韓国・北朝鮮・台湾・ベトナムであるが、「中国の医療」が歴史上現在まで途切れることなく「国家の医療」として継承されてきた国は、日本以外無い。
     中国が137年間自国の医学を捨てていたことを知る人は少ない。東洋医学・医療の最先端国は日本であることを、日本国民に知ってもらうことが、このブログを書いている目的である。

    清野鍼灸整骨院「日本から世界へ」  


  • Posted by 清野充典  at 11:26Comments(0)鍼灸医療

    2010年03月19日

    アキレス腱を切ったらどうする?

     ベッカムがアキレス腱を切り、ワールドカップに出場できないようである。ふくらはぎの筋肉がとても疲れていたのであろう。 足首が鞭で打たれたように感じ、「ブチっ」と音がして急に歩けなくなったら、アキレス腱断裂と見て間違いない。
     アキレス腱は、3つの筋肉の腱で構成されているので、全部切れる完全断裂と1~2本切れる部分断裂がある。
     部分断裂の時は、「非観血療法による外科手術」である「徒手整復術」の出番である。切れた部分を元に整復すれば、痛みはすぐに治まる。治りも非常に早く、成人男子であれば、3~4週間で社会復帰が可能である。
     完全断裂の際は、「観血療法による外科手術」か「非観血療法による外科手術」を選択するか悩むところであろう。
     一流のアスリートであれば、前者がおすすめである。手術の痕(あと)は残るが、そのことは元の運動機能に近づけたいがための代償だと考えるべきである。その際、一流の外科医を求め病院探しをしなければならないが・・・。
     スポーツは楽しみ程度でよいと考える方であれば、後者がおすすめである。手術痕が残らないので、アキレス腱がやや太くなることを除けば、後遺症はほとんど無い。腱が癒合に至る期間はほぼ同じ5週間であるが、社会復帰という点に限れば「徒手整復術」で治療したほうがやや早い。
      「観血療法による外科手術」は外傷後10日目以降に行うが、「非観血療法による外科手術」は3日以内に行うのが望ましい。アキレス腱を切ったら、まず先にお近くの接骨院・整骨院にご相談いただきたい。

    清野鍼灸整骨院「接骨院・整骨院ってどんなとこ?」  


  • Posted by 清野充典  at 11:40Comments(0)アキレス腱(挫傷)について

    2010年03月18日

    ヨーガ実施中(^O^)

    毎週木曜日は、病気治療・健康維持のため、体操教室を開催しています。ただいま、ヨーガを実施中です。
      


  • 2010年03月17日

    突き指と捻挫

     皆さんは「突き指」にどんなイメージを持っていますか。

     問診時に「どうされましたか?」と聞いたときに、「突き指をしました。」という答えが返ってくることは日常茶飯事である。話を聞いてみると、多くの患者さんが意図して言っていることは「捻挫をした」という意味のようである。

     突き指とは、「何かに指をぶつけた」という、外傷の発生原因である。指を何かに突き、痛みが出たり、内出血が出て赤く腫れ上がったというときは、骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)のどれかが考えられる。自己診断しないでお近くの医療機関を受診するべきである。

     ちなみに、突き指をした際は、ぶつけた指の先端を掌に向かってとんとんと叩いてみていただきたい。痛いときは骨折をしている可能性が極めて高いので、すぐ対診すべきである。周りを見渡して、「接骨院・整骨院」の看板が見つかったら、ラッキーである。

    清野鍼灸整骨院「接骨院・整骨院ってどんなとこ?」  


  • Posted by 清野充典  at 11:20Comments(0)突き指(捻挫)について

    2010年03月16日

    脱臼したらどうする?

     顎が外れたらどうしますか?
     
     介護施設に入所している人の顎が外れたので診療してもらえないかと、施設職員である看護師から診療の依頼を受けた。医療従事者ですら、専門外領域のことはよくわからなかったらしい。

     さっそく施設に伺い、非観血療法による外科手術である「徒手整復術」を行ったところ、顎は元に戻った。
     
     脱臼は、柔道整復師の得意分野である。野球をしているとき肩が外れたとか、子供の手を引っ張ったら肘が外れたときなどは、すぐにお近くの接骨院・整骨院を受診していただきたい。

     きっと、柔道整復医療があなたを救ってくれるはずです。

    清野鍼灸整骨院「接骨院・整骨院ってどんなとこ?」  


  • Posted by 清野充典  at 18:45Comments(0)脱臼について

    2010年03月15日

    骨折したらどうする?

     「骨が折れたかもしれない?」と思ったら、皆さんはどうするだろうか?

     骨が折れると、5分も経たないうちに腫れ上がる。骨が皮膚から飛び出していたり、手や足が、とんでもない方向にあったら、迷わず救急車を呼ぶことだろう。このような外傷は、複雑骨折(皮膚が裂け感染の心配が出る骨折)、粉砕骨折(皮下で粉々に折れる骨折)といい、「観血療法による外科手術」が必要になる。

     病院で、レントゲンを取り、「折れていますが、手術の必要がありません。」と言われたら、迷わず接骨院・整骨院にご相談いただきたい。接骨院・整骨院は、折れた骨を手で戻す「徒手整復術」という「非観血療法による外科手術」を行なう医療機関である。

     骨折は、徒手整復術を行なうと、直後に痛みが軽減するか消失する。鎮痛剤を飲む必要もまったくない。

     1本の骨が2本になったかもしくは剥離した程度の骨折は、是非お近くの接骨院・整骨院へご相談いただきたい。

    清野鍼灸接骨院「接骨院・整骨院ってどんなとこ?」  


  • Posted by 清野充典  at 12:36Comments(0)骨折について

    2010年03月14日

    日本鍼灸会館の写真です

    東京都豊島区大塚にある日本鍼灸会館へ行きました。日本は、1500年以上前から現在まで鍼灸医療を国家医療として継続して認可してる世界で唯一の国です。ここは鍼灸医療の拠点の一つです。
      


  • Posted by 清野充典  at 16:55Comments(0)写真集

    2010年03月13日

    徒手整復術について

     接骨院・整骨院で柔道整復師が行う日本固有の医療を柔道整復治療という。骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)の患者さんを対象にした治療法である。
     折れた骨や外れた関節を元に戻す直接の治療法を「徒手整復術」という。徒手整復術という技法は、麻酔を使わないで行う外科手術のことである。
     医師が行う外科手術は、麻酔とメスを用いて皮膚を切り開き、骨や関節を元に戻す。手術中、出血を余儀なくされることから、言葉を換えると「観血療法による外科手術」という表現になる。
     柔道整復師が行う外科手術は出血しないので「非観血療法による外科手術」である。どちらも学問と経験を要する手術であるが、外傷に対する西洋医療と東洋医療の違いをおわかりいただけるだろうか。

    清野鍼灸整骨院「接骨院・整骨院ってどんなとこ?」   


  • Posted by 清野充典  at 16:00Comments(0)柔道整復医療

    2010年03月12日

    整形外科と接骨院・整骨院の違い

     国民の皆さんは、整形外科と接骨院・整骨院の違いをご存じだろうか。西洋医学に基づく医療を提供している医療機関が整形外科で、東洋医学に基づく医療を提供している医療機関が接骨院・整骨院である。
     では、柔道整復治療って聞いたことがあるだろうか。おそらく、聞いたことがないという人がほとんどであろう。柔道整復治療とは、接骨院・整骨院で行う日本固有の医療のことである。日本固有の医療なので、「柔道」という名前が付いているのである。
     接骨院・整骨院で診療を行う医療従事者は、柔道整復師という国家資格が必要である。整形外科医が行う診断と柔道整復師が行う柔道整復診断は、現代医学に基づいて行うので同じであるが、対処方法が異なる。
     骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)をした時、東洋医学に基づく医療である柔道整復医療を、是非お試しいただきたい。

    清野鍼灸整骨院「接骨院・整骨院ってどんなとこ?」  


  • Posted by 清野充典  at 13:11Comments(0)柔道整復医療