たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市


2014年06月18日

ぎっくり腰に鍼灸治療は速効性あり

 あいたたたた・・・、こ、腰がああああ・・・・。

 と、急に腰に痛みが走り動けなくなる状態を、ぎっくり腰といいます。

 痛みが強くて動けない、動こうとすると痛くて冷や汗が出るという経験をしたことがある人は、少なくないと思います。

 そんな時、鍼を2~3箇所にすると、痛みが軽くなり、動けるようになります。

 担ぎこまれてきた人が、15~20分後に歩いて帰れるようになります。

 ぎっくり腰でお困りの方は、すぐにご来院ください。

平成26年(2014年)6月18日(水)
 明治国際医療大学(旧明治鍼灸大学)客員教授
 順天堂大学医学部医史学研究室研究生      
 清野鍼灸整骨院院長 
  清野充典 記

※「清野鍼灸整骨院府中センターです」は 最新最先端の鍼灸治療・東洋医療について書いていますので 東洋医学の適応範囲をお知りになりたい方は是非ご一読いただきたく存じます
※東洋医学全般の情報については清野鍼灸整骨院ホームページ をご参照いただきたく存じます

【東洋医学専門医療機関】

「清野鍼灸整骨院」 
(昭和62年(1987年)2月2日開設)
 受付時間:平日午前9:00~12:00 
          午後3:00~7:00
      木曜午前 ヨーガ教室    
         午後1:00~5:00
       土曜午前9:00~12:00 
          午後3:00~6:00 
 休   日:木曜午前・日曜・祝日 
 場   所:東京都調布市布田1-45-1CIELOビル3階
 電話番号:042-481-3770
 院   長:清野充典中国学修士・鍼灸学士
         鍼灸師・柔道整復師

「清野鍼灸整骨院 府中センター」
(平成3年(1991年)4月6日開設)
 受付時間:平日 午前9:00~12:00 
           午後3:00~7:00
       土曜 午前9:00~12:00 
           午後3:00~6:00 
 休  日:木曜・日曜・祝日 
 場  所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
 電話番号:042-335-3770
 院  長:南波利宗鍼灸学修士・鍼灸学士
        鍼灸師・柔道整復師
  


  • Posted by 清野充典  at 18:50Comments(0)腰痛について

    2014年02月28日

    ぎっくり腰は鍼灸治療の得意疾患です

     急に腰が痛くなり、動けなくなる状態を「ぎっくり腰」と言います。

     鍼灸治療をすると、担ぎこまれてきた人でも20分程度の治療で痛みがほとんどなくなり、歩いて帰ることが出来ます。

     そのたびに、鍼灸治療良さを実感するのですが、このことが国民の常識になっていません。

     何年お付き合いしている人でも、いざ自分に腰の痛みがふりかかったとき、「腰痛にはりは効きますか」と言う質問を受けます。

     人は、自分の興味がないものに対しては、記憶として残らないのだなあとつくづく思います。

     そういう自分も、医学以外のことはあまり記憶に残らないので、人のことは言えません。

     最近は、インターネットと言う便利なツールが出来ました。

     腰が痛くなったとき、「鍼灸治療」の文字が目に飛び込んでくれることを願うのみです。

    平成26年(2014年)2月28日(金)
     明治国際医療大学(旧明治鍼灸大学)客員教授
     順天堂大学医学部医史学研究室研究生      
     清野鍼灸整骨院院長 
      清野充典 記
    (平成23年1月1日より毎日更新中)

    ※3日に一度「清野鍼灸整骨院府中センターです」を更新しています 最新最先端の鍼灸治療・東洋医療について書いていますので 東洋医学の適応範囲をお知りになりたい方は是非ご一読いただきたく存じます
    ※東洋医学全般の情報については清野鍼灸整骨院ホームページ をご参照いただきたく存じます

    【東洋医学専門医療機関】

    「清野鍼灸整骨院」 
    (昭和62年(1987年)2月2日開設)
     受付時間:平日午前9:00~12:00 
              午後3:00~7:00
          木曜午前 ヨーガ教室    
             午後1:00~5:00
           土曜午前9:00~12:00 
              午後3:00~6:00 
     休   日:木曜午前・日曜・祝日 
     場   所:東京都調布市布田1-45-1CIELOビル3階
     電話番号:042-481-3770
     院   長:清野充典中国学修士・鍼灸学士
             鍼灸師・柔道整復師

    「清野鍼灸整骨院 府中センター」
    (平成3年(1991年)4月6日開設)
     受付時間:平日 午前9:00~12:00 
               午後3:00~7:00
           土曜 午前9:00~12:00 
               午後3:00~6:00 
     休  日:木曜・日曜・祝日 
     場  所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
     電話番号:042-335-3770
     院  長:南波利宗鍼灸学修士・鍼灸学士
            鍼灸師・柔道整復師
      


  • Posted by 清野充典  at 10:41Comments(0)腰痛について

    2014年01月29日

    担ぎ込まれて来た人が鍼灸治療ですぐ歩けるようになりました

     歩けなくて担ぎ込まれてきた人が来ました。動けなくなってから、約7時間。

     冷静にお話を伺い、病態を分析すること数分。

     2か所鍼治療を施したら、歩けるようになりました。

     この間、2~3分。

     元に戻ろうとする人間の力に驚きます。

     その手助けとなった鍼治療の力に驚きます。

     そして、そのことを実践することができるようになった自分を嬉しく思います。

    平成26年(2014年)1月29日(水)
     明治国際医療大学(旧明治鍼灸大学)客員教授
     順天堂大学医学部医史学研究室研究生      
     清野鍼灸整骨院院長 
      清野充典 記
    (平成23年1月1日より毎日更新中)

    ※3日に一度「清野鍼灸整骨院府中センターです」を更新しています 最新最先端の鍼灸治療・東洋医療について書いていますので 東洋医学の適応範囲をお知りになりたい方は是非ご一読いただきたく存じます
    ※東洋医学全般の情報については清野鍼灸整骨院ホームページ をご参照いただきたく存じます

    【東洋医学専門医療機関】

    「清野鍼灸整骨院」 
    (昭和62年(1987年)2月2日開設)
     受付時間:平日午前9:00~12:00 
              午後3:00~7:00
          木曜午前 ヨーガ教室    
             午後1:00~5:00
           土曜午前9:00~12:00 
              午後3:00~6:00 
     休   日:木曜午前・日曜・祝日 
     場   所:東京都調布市布田1-45-1CIELOビル3階
     電話番号:042-481-3770
     院   長:清野充典中国学修士・鍼灸学士
             鍼灸師・柔道整復師

    「清野鍼灸整骨院 府中センター」
    (平成3年(1991年)4月6日開設)
     受付時間:平日 午前9:00~12:00 
               午後3:00~7:00
           土曜 午前9:00~12:00 
               午後3:00~6:00 
     休  日:木曜・日曜・祝日 
     場  所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
     電話番号:042-335-3770
     院  長:南波利宗鍼灸学修士・鍼灸学士
            鍼灸師・柔道整復師

      


  • Posted by 清野充典  at 16:51Comments(0)腰痛について

    2013年04月20日

    ぎっくり腰になったらすぐ鍼灸治療を受療していただきたいです

     ぎっくり腰の患者さんがいらっしゃいました。

     歩くことがやっとで、痛くて待合室の椅子に腰掛けることも出来ません。

     こんな状態のとき、鍼灸治療の出番です。

     よく、鍼灸治療を思い出してくれましたと、感謝の気持ちで一杯でした。

     その方は、15分足らずの治療で痛みがなくなり、普通に歩いて帰りました。

     鍼灸治療のすばらしさを、一人でも多くの人に伝えたい。

     そんな思いで、今日も一日診療していました。

    平成25年4月20日(土)
     明治国際医療大学客員教授
     順天堂大学医学部医史学研究室研究生      
     清野鍼灸整骨院院長 清野充典 記
    (平成23年1月1日より毎日更新中)

    ※3日に一度「清野鍼灸整骨院府中センターです」を更新しています
    ※最新最先端の鍼灸治療・東洋医療について、詳細に書いています
    ※東洋医学の適応範囲をお知りになりたい方は、是非ご一読いただきたく存じます
    ※東洋医学全般の情報については清野鍼灸整骨院ホームページ をご参照いただきたく存じます

    【東洋医学専門医療機関】

    「清野鍼灸整骨院」 
    (昭和62年(1987年)2月2日開設)
     受付時間:平日午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
            木曜午前 ヨーガ教室    午後1:00~5:00
           土曜午前9:00~12:00  午後3:00~6:00 
     休   日:木曜午前・日曜・祝日 
     場   所:東京都調布市布田1-45-1CIELOビル3階
     電話番号:042-481-3770
     院   長:清野充典中国学修士・鍼灸学士・鍼灸師・柔道整復師
                 ヨーガ教師(インド政府公認国家資格)

    「清野鍼灸整骨院 府中センター」
    (平成3年(1991年)4月6日開設)
     受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
            土曜 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
     休   日:木曜・日曜・祝日 
     場   所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
     電話番号:042-335-3770
     院   長:村田朝子鍼灸学士・鍼灸師・柔道整復師
                  ヨーガ教師(インド政府公認国家資格)
                
    【東西医学統合医療機関】

    「清野メディカルフットケア」 
    (平成21年(2009年)4月1日開設)
     受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
            土曜 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
     休   日:木曜・日曜・祝日 
     場   所:東京都調布市布田1-45-1CIELOビル3階
     電話番号:042-481-3770
     院  長:猪熊遥香鍼灸学士・鍼灸師

    「清野メディカルフットケア 府中センター」
    (平成22年(2010年)4月1日開設)
     受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
            土曜 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
     休   日:木曜・日曜・祝日 
     場   所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
     電話番号:042-335-3770
     院  長:丸山典子鍼灸学士・鍼灸師

    【東洋医学専門保健機関】

    「健康研究サークル オアシス」
    (平成9年(1997年)4月1日開設)

      活動日時:随時(ご入会者には詳細をお知らせいたします)
      入会金 :500円
      月会費 :100円
      体操教室:4部は毎週水曜日、他は木曜日
      開催時間:1部…午前 9:00~ 9:50  調布
             2部…午前10:00~10:50  調布
             3部…午前11:00~12:00  調布
             4部…午後 7:30~ 8:30  調布(夜間クラス)
             5部…午前 9:00~ 9:50  府中
             6部…午前10:00~10:50  府中
      定   員 :1部~4部は15名 5・6部は20名
      体操教室会費
            :登録費 1,050円
            : 月会費(1~3部、5・6部)3,150円 (4部)5,000円
      事務局 :東京都調布市布田1-45-1 CIELO3階
      電話番号:042-481-3770
      担   当:山田昌紀鍼灸学士・鍼灸師・柔道整復師
      体操教室指導代表者:
       調布教室 清野充典ヨーガ教師(インド政府認定国家資格)
                中国学修士・鍼灸学士・鍼灸師・柔道整復師
       府中教室 村田朝子ヨーガ教師(インド政府認定国家資格)  
                鍼灸学士・鍼灸師・柔道整復師

      


  • Posted by 清野充典  at 19:22Comments(0)腰痛について

    2013年03月25日

    腰痛は鍼灸治療で改善が可能です

     平成25年(2013年)3月24日(日)の朝日新聞朝刊に、写真にあるように「腰痛2800万人」の見出しの記事が出ました。

     この記事には、「8割が原因不明・・・心の悲鳴かも」というサブタイトルが付いています。

     厚生労働省の研究班の調査に基づく記事ですが、日本整形外科学会と日本腰痛学会の一般的な治療法の信頼度を診療指針にまとめた物も公表されています。

     腰痛は、現代医学では分析できていないため、適切な医療は殆どありません。

     福島県立医科大学整形外科医であり理事長兼学長でもある菊地臣一先生は、自身が書いた論文の中で、「腰痛は、ストレスが原因である」と論じています。

     新聞の記事でも、白土修福島県立医科大学教授が国内外約200の論文を分析した結果を紹介しています。

     しかし、残念ながら、この記事では、鍼灸治療が対象になっていません。

     鍼灸治療が医療保険取扱可能となる対象疾患は、限られています。

     鍼灸治療の医療保険取扱は、基本的に現代医療では效果のない疾患が対象です。

     その中で、腰痛は、鍼灸治療が対象となる疾患です。  
     
     つまり、戦前より、腰痛には、現代医療ではなく鍼灸治療が有効であるいうことを厚生労働省が認めているということです。

     にもかかわらず、鍼灸治療が対象となる記事が表に出てきません。

     新聞記者に、異議を申し立てたい気分です。

     腰痛に最適な医療は、鍼灸治療です。

     鍼灸治療は、ぎっくり腰で動けない痛みを持つ人に対し、数分で痛みを止めることが可能な治療法です。

     鍼灸治療は、担ぎ込まれてきた人が、数分後には歩いて帰ることが可能な医療です。

     日本に約9万人いる鍼灸師が、この様な記事を見て、大いに憤りを感じ、奮起していただきたいと思います。

     一人ひとりの鍼灸師が、腰痛に対し、最も有効な治療法は鍼灸治療であることを、一人でも多くの国民に伝えていただきたいと思います。

     久々に、大きなひとりごとを書きました。

     この記事に反論できるような論文を、これから書きたいと思います。

    平成25年3月25日(月)
     清野充典 記
    (平成23年1月1日より毎日更新中)

    ※3日に一度「清野鍼灸整骨院府中センターです」を更新しています
    ※最新最先端の鍼灸治療・東洋医療について、詳細に書いています
    ※東洋医学の適応範囲をお知りになりたい方は、是非ご一読いただきたく存じます
    ※東洋医学全般の情報については清野鍼灸整骨院ホームページ をご参照いただきたく存じます

    【東洋医学専門医療機関】

    「清野鍼灸整骨院」 
    (昭和62年2月2日開設)
     受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
            土曜 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
     休   日:木曜・日曜・祝日 
     場   所:東京都調布市布田1-45-1CIELOビル3階
     電話番号:042-481-3770
     院   長:清野充典中国学修士・鍼灸学士・鍼灸師・柔道整復師
                 ヨーガ教師(インド政府公認国家資格)

    「清野鍼灸整骨院 府中センター」
    (平成3年4月6日開設)
     受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
            土曜 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
     休   日:木曜・日曜・祝日 
     場   所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
     電話番号:042-335-3770
     院   長:村田朝子鍼灸学士・鍼灸師・柔道整復師
                  ヨーガ教師(インド政府公認国家資格)

       


  • Posted by 清野充典  at 00:01Comments(0)腰痛について

    2013年02月08日

    腰が痛いと思ったら鍼灸治療でスグ解消してください

     立春(2月5日)が過ぎ、三寒四温が続いています。

     昨日が暖かかったので、今日は寒さが身にしみますね。

     気温が低くなると、何気ない動作でも痛みを覚えることがあります。

     腰に痛みを感じたら、スグ鍼灸治療を受けてみてください。

     その日のうちに解消できます。

     痛みが出るときは、心身ともに疲労を感じているときです。

     お酒や入浴は厳禁です。

     シップを貼ることも好ましくありません。

     日常生活の養生も医学と捉えている東洋医学を、是非ご活用ください。

    平成25年2月8日(金)
     清野充典 記
    (平成23年1月1日より毎日更新中)

    ※3日に一度「清野鍼灸整骨院府中センターです」を更新しています
    ※最新最先端の鍼灸治療・東洋医療について、詳細に書いています
    ※東洋医学の適応範囲をお知りになりたい方は、是非ご一読いただきたく存じます
    ※東洋医学全般の情報については清野鍼灸整骨院ホームページ をご参照いただきたく存じます

    【東洋医学専門医療機関】

    「清野鍼灸整骨院」 
    (昭和62年2月2日開設)
     受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
            土曜 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
     休   日:木曜・日曜・祝日 
     場   所:東京都調布市布田1-45-1CIELOビル3階
     電話番号:042-481-3770
     院   長:清野充典中国学修士・鍼灸学士・鍼灸師・柔道整復師
                 ヨーガ教師(インド政府公認国家資格)

    「清野鍼灸整骨院 府中センター」
    (平成3年4月6日開設)
     受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
            土曜 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
     休   日:木曜・日曜・祝日 
     場   所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
     電話番号:042-335-3770
     院   長:村田朝子鍼灸学士・鍼灸師・柔道整復師
                  ヨーガ教師(インド政府公認国家資格)
                
    【統合医療センター 足部治療専門医療機関】

    「清野メディカルフットケアセンター」 
    (平成21年4月1日開設)
     受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
            土曜 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
     休   日:木曜・日曜・祝日 
     場   所:東京都調布市布田1-45-1CIELOビル3階
     電話番号:042-481-3770
     センター長:猪熊遥香鍼灸学士・鍼灸師

    「清野メディカルフットケアセンター府中」
    (平成22年4月1日開設)
     受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
            土曜 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
     休   日:木曜・日曜・祝日 
     場   所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
     電話番号:042-335-3770
     センター長:丸山典子鍼灸学士・鍼灸師

    【東洋医学専門保健機関】

    「健康研究サークル オアシス」
    (平成8年4月1日開設)

      活動日時:随時(ご入会者には詳細をお知らせいたします)
      入会金 :500円
      月会費 :100円
      体操教室:4部は毎週水曜日、他は木曜日
      開催時間:1部…午前 9:00~ 9:50  調布
             2部…午前10:00~10:50  調布
             3部…午前11:00~12:00  調布
             4部…午後 7:30~ 8:30  調布(夜間クラス)
             5部…午前 9:00~ 9:50  府中
             6部…午前10:00~10:50  府中
      定   員 :1部~4部は15名 5・6部は20名
      体操教室会費
            :登録費 1,050円
            : 月会費(1~3部、5・6部)3,150円 (4部)5,000円
      事務局 :東京都調布市布田1-45-1 CIELO3階
      電話番号:042-481-3770
      担   当:山田昌紀鍼灸学士・鍼灸師・柔道整復師
      体操教室指導代表者:
       調布教室 清野充典ヨーガ教師(インド政府認定国家資格)
                中国学修士・鍼灸学士・鍼灸師・柔道整復師
       府中教室 村田朝子ヨーガ教師(インド政府認定国家資格)  
                鍼灸学士・鍼灸師・柔道整復師

      


  • Posted by 清野充典  at 09:16Comments(0)腰痛について

    2012年08月04日

    腰痛は鍼灸院・整骨院の得意分野です

     皆さんは、腰痛になったらどうしていますか。

     腰痛は、
      1.骨格がゆがんでいる
      2.筋肉が疲労している
      3.ストレスが蓄積している
      4.内臓疾患による反射的な痛み
      5.骨の病気による痛み
    が、おおまかな原因です。

     内臓疾患は大きく分類しても50種類以上ありますので、内科医とよく相談し、病気に対応する必要があります。鍼灸治療は内科疾患に対応可能な医療ですから、鍼灸師と医師の連携が取れればベストです。それこそが統合医療と言えます。

     骨の病気は、整形外科医と相談する必要がありますが、骨に気気がなく、骨格のゆがみが主な原因の場合は、柔道整復師の出番と言えます。

     整形外科では、腰痛の治癒率が約8パーセントと言われています。

     西洋医療では、腰痛は対象疾患外と厚生労働省は認めています。整形外科で腰痛と診断され、内科で特段重い病気がないと言われたら、鍼灸院か整骨院へ行くべきです。骨格のゆがみがないようでしたら、鍼灸院が適切な医療機関です。

     国民の皆様には、是非適切な医療機関の選択をしていただき、一日も早く腰痛から開放されることをしていただきたいと思います。

     国民は、健康を維持増進する義務があると国は規程しています。

     長期に薬を飲んだり自宅静養をしていないで、世界最高水準である日本の鍼灸医療・日本固有の医療である柔道整復医療を是非ご利用いただきたいと思っています。

    平成24年8月4日(土)
     清野充典 記
    (平成23年1月1日より毎日更新中)

    ※3日に一度「清野鍼灸整骨院府中センターです」を更新しています
    ※最新最先端の鍼灸治療・東洋医療について、詳細に書いています
    ※東洋医学の適応範囲をお知りになりたい方は、是非ご一読いただきたく存じます

    【東洋医学専門医療機関】

    清野鍼灸整骨院」 
    (昭和62年2月2日開設)
     受付時間:平日 午前9:00~12:00 
              午後15:00~19:00
            土曜 午前9:00~12:00 
               午後15:00~18:00 
     休  日:木曜・日曜・祝日 
     場  所:東京都調布市布田1-45-1CIELOビル3階
     電話番号:042-481-3770
     院  長:清野充典鍼灸学士

    清野鍼灸整骨院 府中センター
    (平成3年4月6日開設)
     受付時間:平日 午前9:00~12:00 
              午後15:00~19:00
            土曜 午前9:00~12:00 
               午後15:00~18:00 
     休  日:木曜・日曜・祝日 
     場  所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
     電話番号:042-335-3770
     院  長:村田朝子鍼灸学士

      


  • Posted by 清野充典  at 16:48Comments(0)腰痛について

    2011年06月17日

    今腰が痛い方 鍼をすればすぐ痛みが止まります

     腰がずきずきして痛い、腰が痛くて動けない方は、すぐ鍼灸治療を受けてください。

     何分もしないうちに、たちまち痛みが止まります。

     痛みが治まるまで自宅で休んでいようと思わないほうがいいです。状態によりますが、痛みが治まるまで2~3日を要します。

     お風呂に入ると楽になると勘違いしている人が多いようですが、痛みが治まる期間は1週間に伸びます。

     鍼灸治療は、「痛みがあるとき」「今現在ずきずきするとき」「動けないとき」に治療すると、たちまち良くなる医療です。

     薬を飲んでも効かない痛みに対して、鍼灸治療のほうが有効だと言える状態が多くあります。

     痛みを我慢しないで、すぐに治療を受けてみてください。「百聞一見に如かず」です。

    2011年(平成23年)6月17日(金) 
     東洋医学専門医療機関
      清野鍼灸整骨院
       院長 清野充典 記

    (平成23年1月1日より毎日更新中)

      


  • Posted by 清野充典  at 16:50Comments(0)腰痛について

    2010年06月08日

    腰痛と鍼灸医療 3 (続間違った対処法)

     腰が痛くなったら、すぐ湿布を貼るが多いようである。
     冷湿布を貼ると、一時的に痛みが止まることがあるのか、みんなが貼った方が良いと言うので貼るのか、それしか知らないから貼るのか、宣伝に踊らされて貼るのか原因はさまざまだと思うが、腰痛に限らず痛みのある部分にすぐ湿布を貼る人が多いようである。

     湿布は、部分的に皮膚温が上昇している所に貼る方法である。骨折や打撲をしたときには有効である。しかし、いわゆる熱を持っていないところに湿布を貼ると、血行不良になり元の健康な状態に戻りたいがために痛みというサインを出している部分の免疫力を阻害してしまう。結果的に治りが遅くなるのである。

     ぎっくり腰になったり、腰に痛むところが出てきたら、腰に手を当ててみていただきたい。熱を持っていたら10~30分ほど冷やした後、湿布をはがし安静にしていて下さい。
     熱を持っていなければ、身体を冷やさないようにして安静にすることである。この際は薄着を止め、布団を掛けて身体を締め付ける物は取り除いて休んでほしい。
     もし、手を当てて腰が冷たかったら5~10分蒸しタオルを当て、その後安静にしてみていただきたい。
    何れも30分から1時間程度休めば楽になるはずである。

     この時点で痛みが消えなかったり、歩くことができない人は、体力が著しく低下している証拠である。すぐに鍼灸治療を受けていただきたい。通院できるならそれで良し、往診を頼めるならなお良しである。

     社会人は一時でも休んでいられない。社会に貢献している国民を、鍼灸治療は応援できる医療である。

    東洋医学専門医療機関 清野鍼灸整骨院「はりってなあに?」  


  • Posted by 清野充典  at 12:38Comments(0)腰痛について

    2010年06月02日

    腰痛と鍼灸医療 2 (間違った対処法)

     皆さんは、腰が痛くなったらどうしていますか?

     痛みが出ているときは、身体が疲労を来たし、正常な働きをコントロールできなくなった状態です。腰痛になったら、すぐ身体を休めることが大事です。

     腰痛になったときの対処法を間違い、更につらい思いをしている人を多く見かけます。
      1.腰痛になったとき、お風呂に入ってはいけません。お風呂にはいると痛みは和らぎますが、その後悪化します。入浴は身体を疲労させることだからです。

     ぎっくり腰の症状が出たその日に入浴すると、痛みが引くために要する日日は、1週間以上伸びます。腰痛になったら、まず身体を休め、ぐっすり眠ってください。 それでも翌朝痛みが引かなかったら、腰痛に対して最も有効な医療である「鍼灸治療」を受けて下さい。すぐ痛みが取れます。

    東洋医学専門医療機関 清野鍼灸整骨院「はりってなあに?」

      


  • Posted by 清野充典  at 09:48Comments(0)腰痛について

    2010年06月01日

    腰痛と鍼灸医療

     国民が訴える代表的な症状は「腰痛」である。一生のうち、10人中9人の人が腰痛を感じるという統計もある。国民の9割が訴える腰痛に対し、現代医学に基づく医療に有効な方法はない。皆さんは腰痛を感じたらどうしていますか。

     腰痛に最も有効な治療は、鍼灸治療である。鍼灸治療の保険は、現代医学での有効性が認められない症状に適応される保険であるが、「腰痛症」は保険適応の症状である。つまり、国・厚生労働省が「腰痛」に対しては鍼灸治療が最も有効であると認めているわけである。

     とくに、ぎっくり腰のように、突然痛みを発症し動けなくなった人に有効である。鍼灸治療をすればその場で動けるようになる。もし、すぐに動けるようにならない場合は、「何が重篤な病気が考えられる」というように、診断にも用いることができるとても優れた医療である。

     「腰痛になったらすぐ鍼灸院へ」という意識を国民に持ってもらいたい。

    東洋医学専門医療機関 清野鍼灸整骨院「はりってなあに?」  


  • Posted by 清野充典  at 11:23Comments(0)腰痛について

    2010年02月27日

    ぎっくり腰と鍼灸医療

     来院している患者さんに「ぎっくり腰で動けなくなったらどうしますか。」と尋ねたところ、「痛みが治まるまで家でゆっくり寝てます。」という答えが返ってきた。

     「ああ、これが一般的な認識なのか。」と改めて思い悩むきっかけになった。ぎっくり腰に対する対処法をネットで調べてみても、同じ認識の人が多いようである。
     
     ぎっくり腰で担ぎ込まれてきた患者さんに鍼灸治療をすると、その場で痛みが軽くなり自力で歩いて帰れるようになる。日本の鍼灸医術はそのことが可能な治療法である。学会に参加する研究者たちの間でも、このことは常識である。

     30年来の臨床経験や他の医療との比較を通じ、ぎっくり腰で動けないときには鍼灸治療が最適ではないかと思っているが、治療する全ての者が同じ認識にならないと、国民に伝わることは難しい。

     どうしたら、鍼灸治療が現代医学に基づく医療と双璧をなす医療であることを認識してもらえるようになるのか。
     
     苦悩の日々が続く・・・。すべてはひとりごとである。

    清野鍼灸整骨院「はりってなあに?」  


  • Posted by 清野充典  at 20:39Comments(0)腰痛について