たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市


2012年07月10日

めまいを感じたらどうしていますか

 皆さんは、めまいを感じたら、どうしていますか?

  家でゆっくり休みますか?
  置き薬を飲んで寝ますか?
  耳鼻咽喉科へ行きますか?
  脳神経外科へ行きますか?
  それとも救急車を呼びますか?
 
 めまいを感じると、立っていられなくなります。

 脳に障害があるのではないかと、不安に思う症状でもあります。

 まず、病院へ行き、検査をしてもらおうと思う方は多いことと思います。

 病気の原因を突き止めたいと思ってる国民が殆どではないでしょうか。

 検査の結果、脳や三半規管に器質的病変が見られないと、「メニエール症候群ですね。」とか、「疲労によるものですね。」と言われることでしょう。

 そんなとき、あなたはどうしていますか?

 めまいに有効な薬を見つけ出すことは大変です。現状では、「ない」と言っても差し支えないのではないかと思います。

 めまいにもっとも有効な医療は、鍼灸治療です。

 鍼灸治療をすれば、疲労によるめまいなら、1~2回で治ります。

 メニエール症候群と診断されても、4~5回の治療でよくなります。

 薬を長期に服用していると、そのことに対する対策を要しますが、それでも10~12回治療すれば、回転性のめまいはなくなります。

 臨床31年目になりますが、いままで治らなかった例は一度もありません。

 しかし、残念ながら、すべての鍼灸師がこのように感じているわけではありません。

 1人でも多くの人に、鍼灸医療を受けてもらいたい。

 1人でも多くの鍼灸師に、この技術を身に付けてもらいたい。

 そんな思いで、今日もブログを書いています。

 清野鍼灸整骨院は、山田昌紀副院長を始めとしてスタッフ全員が、世界で初めて設立された鍼灸医学専門の研究機関である明治国際医療大学(旧明治鍼灸大学)鍼灸学部の卒業生です。鍼灸学士であり鍼灸師である医学者たちが、最新の鍼灸医学に基づいた最先端の鍼灸医療を、皆様に提供しています。

平成24年7月910(火)
 清野充典 記
(平成23年1月1日より毎日更新中)

※3日に一度「清野鍼灸整骨院府中センターです」を更新しています
※最新最先端の鍼灸治療・東洋医療について、詳細に書いています
※東洋医学の適応範囲をお知りになりたい方は、是非ご一読いただきたく存じます

【東洋医学専門医療機関】

清野鍼灸整骨院」 
(昭和62年2月2日開設)
 受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後15:00~19:00
        土曜 午前9:00~12:00 午後15:00~18:00 
 休   日:木曜・日曜・祝日 
 場   所:東京都調布市布田1-45-1CIELOビル3階
 電話番号:042-481-3770
 院   長:清野充典鍼灸学士

清野鍼灸整骨院 府中センター
(平成3年4月6日開設)
 受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後15:00~19:00
        土曜 午前9:00~12:00 午後15:00~18:00 
 休   日:木曜・日曜・祝日 
 場   所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
 電話番号:042-335-3770
 院   長:村田朝子鍼灸学士

【東洋医学専門保健機関】

健康研究サークル オアシス
(平成8年4月1日開設)

  活動日時:随時(ご入会者には詳細をお知らせいたします)
  入会金 :500円
  月会費 :100円

 健康体操教室は、オアシス活動の一部です
  開催時間:1部…午前 9:00~ 9:50  調布
         2部…午前10:00~10:50  調布
         3部…午前11:00~12:00  調布
         4部…午後 7:30~ 8:30  調布(夜間の部)
         5部…午前 9:00~ 9:50  府中(平成24年4月に新設)
         6部…午前10:00~10:50  府中
         (4部は毎週水曜日、他は木曜日)
  定   員 :1部~4部は15名 5・6部は20名
  体操教室会費
        :登録費 1,050円
        : 月会費(1~3部、5・6部)3,150円 (4部)5,000円
  事務局 :東京都調布市布田1-45-1 CIELO3階
  電話番号:042-481-3770
  担   当:山田昌紀鍼灸学士

  


  • Posted by 清野充典  at 09:38Comments(0)めまいについて

    2011年10月17日

    めまいには鍼灸治療が一番

     「目が回る」症状を一度くらいは誰でも感じたことがあるかもしれません。

     でも、いつも目が回ったり、寝返りを打つたびに目が回るとしたら大変ですよね。

     メニエール症候群という言葉を聞いたことがある人も少なくないと思います。

     めまいに鍼灸治療が有効な事をご存知でしょうか。

     薬物療法と鍼灸治療の比較はすでに決着がついています。

     結果は、鍼灸治療のほうが有効です。

     学会に参加したり最新の医学論文を読んでいる鍼灸師・医師であれば、このことは常識です。

     鍼灸治療をすれば、疲労によるめまいなら、1~2度で治ります。

     メニエール症候群と診断されても、4~5度の治療でよくなります。

     薬を長期に服用しているとそのことに対する対策を余分に要しますが、それでも10~12回治療すれば、回転性のめまいはなくなります。

     こんな医療を利用しない手はないでしょう。

     めまいを感じたら、すぐ鍼灸院へ
     病院でメニエール症候群と診断されたらすぐ鍼灸院へ

     臨床経験30年より生み出された標語です。もちろん、こんなことは行っているのは清野だけ。

     おおきな大きな「ひとりごと」です。

    2011年(平成23年)10月17日(月)
     清野充典 記

    (平成23年1月1日より毎日更新中)

    ※3日に一度「清野鍼灸整骨院府中センターです」を更新しています。
    鍼灸治療の効果を少し掘り下げて書いています。
    お時間のある方は、そちらものぞいていただきたく存じます。





      


  • Posted by 清野充典  at 17:05Comments(0)めまいについて