たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市


2020年04月29日

学校9月開始案が急浮上 社会の安定に一役買う?

 清野鍼灸整骨院ホームページ

 今年4月1日、ある都立高校生のツイート「学期の始まりを9月にして僕たちの学校生活を守る話」が注目を集めています。

 文部科学大臣が検討の価値があるとし、小池都知事も支持しています。今日の朝日新聞朝刊では、「天声人語」で取り上げられています。

 9月入学は、以前から言われていましたが、国民の多くが賛同しなければ実現しません。そもそも今の始業時期は、旧日本軍の徴兵制度が9月から4月に替わったことに伴い、4月入学が広がった経緯があります。年度の考えも、当時の大蔵大臣高橋是清が、決算を黒字にするため1年を3か月短縮して4月から再度1年間計算するという方法になりました。確定申告は、1月1日から12月31日までの所得ですが、会社は、各自で1年間を決めています。1年間という考え方は、暦の考え方が基本にあり、世界中共通していますが、朔日(1月1日)・スタートをいつするかは、人それぞれです。

 制度は人が作るものですので、変えることが出来るのも人です。ほとんどの国が9月入学で有ることから、日本の学生は海外と歩調を合わせることが難しくなっています。この制度に対して、政府も含め、みな柔軟な考えで対応すべき時ではないかと考えます。

 大学院の入学時期は、4月と9月の2度行われているところが多くなっています。幼稚園から大学院まで、全ての学校制度を変更することは、就職時期が変わることを意味しますが、世界と横並びになることは、将来を考えれば良い改革ではないかと思います。

 コロナウイルスで、緊急事態宣言をいつまで続けたらよいか先が見えない今、学校が9月スタートとなれば、4カ月の準備期間が生まれます。入試時期も変わりますが、冬に青森から北海道へ行き列車が大雪で遅延した経験がある私には、もし6~7月ごろが受験期だとすれば雪の影響がなくて良いのではないかと思ったりします。

清野鍼灸整骨院が行っている新型コロナウイルス感染防止対策

令和2年(2020年)4月29日(水)
 東京・調布 清野鍼灸整骨院
  院長 清野充典 記


同じカテゴリー(清野充典雑話)の記事画像
新型コロナウイルス感染者が増えてきました 鍼灸治療で免疫力アップを計りませんか
茗荷を50個収穫しました
アメリカ合衆国にあるハーバード大学と早稲田大学は同じエンジ色
調布駅北側のバス降車場が変更になります
朝5時から30分ランニングして英気を養いました 
東京は青空が広がって来ました  朝から野菜の収穫に勤しんでいます
同じカテゴリー(清野充典雑話)の記事
 新型コロナウイルス感染者が増えてきました 鍼灸治療で免疫力アップを計りませんか (2020-07-31 10:15)
 茗荷を50個収穫しました (2020-07-29 08:14)
 25日(土)の夜調布に花火があがりました (2020-07-26 09:27)
 アメリカ合衆国にあるハーバード大学と早稲田大学は同じエンジ色 (2020-07-24 16:33)
 調布駅北側のバス降車場が変更になります (2020-07-22 15:08)
 朝5時から30分ランニングして英気を養いました  (2020-07-20 06:18)

Posted by 清野充典  at 08:32 │Comments(0)清野充典雑話

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
学校9月開始案が急浮上 社会の安定に一役買う?
    コメント(0)