たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市


2014年02月24日

第22回冬季五輪ソチ大会が閉幕しました

 2014年2月7日(金)から23日(日)まで、ロシアのソチで開催された第22回冬季オリンピックソチオリンピックが、閉幕しました。

 日本は、海外開催の冬季五輪で最多だった92年アルベールビル大会の7個を上回る8個目のメダルを獲得しました。長野オリンピックの10個に次ぐ成績です。

 メダリストたちより、記憶に残る感動を頂きました。

 日本の選手団は、もう一人の自分と闘いながら夢の舞台に立ったことだろうと思います。

 個人的には、メダリスト以外の選手で記憶に残る人を、3人に絞ってあげてみたいなあと思います。

 上村愛子選手(34歳)、高梨沙羅選手(17歳)と浅田真央選手(23歳)選手です。

 モーグルの上村愛子選手は5度目のオリンピック出場です。過去、7位、6位、5位、4位の成績でした。1つずつ順位が上がり、今度は3位・銅メダル獲得かと思われた場面で、最後の選手がわずかに上村選手を上回り4位に終わりました。その時のインタビューが、共感を呼びました。

 ノルディックスキー女子ジャンプの高梨沙羅選手は、今シーズンレジェンド葛西紀明選手に並ぶ日本人最多勝利記録の16勝目をあげると]、翌日の第9戦で17勝目を上げて日本人男女通じての歴代最多勝利記録保持者となりました。ワールドカップ第13戦でシーズン10勝、通算19勝、全試合に3位以内という成績で、オリンピックに臨みました。世界中が金メダル獲得を予想していました。1本目、2本目とも不利な風でのスタートでしたが、高い技術で飛距離を伸ばしました。今回より、追い風でもポイントを加算することでスタートさせることになったため、いずれも飛距離が出ずらい追い風でスタートすることになったのはとても不運でした。飛形点で及ばず4位でしたが、高梨選手の高い技術がなければ入賞でなかっただろうと言われました。試合後、涙も見せず気丈にインタビューをしていた姿は、精神力の強さを感じさせました。歴史に名を刻むジャンパーとしてスタートした瞬間のようにも感じました。

 フィギアスケートの浅田真央選手は、予選16位でした。前回の五輪で銀メダルを獲得し、今回は金メダルをという周囲の期待が大き過ぎた影響があったのではないかと言われました。そんな中、世界中から励ましの言葉が彼女のもとに届いたようです。翌日のフリー演技は、6種類8回のジャンプを全て成功させた見事な演技でした。自己ベストを更新した時に見せた彼女の笑顔は、世界中の人を幸せにしたのではないでしょうか。

 毎日、涙を流さずにはいられない大会でした。思い出作りに書いてみました。

平成26年(2014年)2月24日(月)
 明治国際医療大学(旧明治鍼灸大学)客員教授
 順天堂大学医学部医史学研究室研究生      
 清野鍼灸整骨院院長 
  清野充典 記
(平成23年1月1日より毎日更新中)

※3日に一度「清野鍼灸整骨院府中センターです」を更新しています 最新最先端の鍼灸治療・東洋医療について書いていますので 東洋医学の適応範囲をお知りになりたい方は是非ご一読いただきたく存じます
※東洋医学全般の情報については清野鍼灸整骨院ホームページ をご参照いただきたく存じます

東洋医学専門保健機関

オアシス
(平成9年(1998年)4月1日開設)

  活動日時:随時(ご入会者には詳細をお知らせいたします)
  入会金 :500円
  月会費 :100円
  体操教室:4部は毎週水曜日、他は木曜日
  開催時間:1部…午前 9:00~ 9:50  調布
         2部…午前10:00~10:50  調布
         3部…午前11:00~12:00  調布
         4部…午後 7:30~ 8:30  調布(夜間クラス)
         5部…午前 9:00~ 9:50  府中
         6部…午前10:00~10:50  府中
  定   員 :1部~4部は15名 5・6部は20名
  体操教室会費
        :登録費 1,050円
        : 月会費(1~3部、5・6部)3,150円 (4部)5,000円
  事務局 :東京都調布市布田1-45-1 CIELO3階
  電話番号:042-481-3770
  担   当:山田昌紀ヨーガ指導者
           鍼灸学士・鍼灸師・柔道整復師
  体操教室指導代表者:
   調布教室 清野充典ヨーガ教師(インド政府認定国家資格)
            中国学修士・鍼灸学士・鍼灸師・柔道整復師
   府中教室 南波利宗ヨーガ指導者  
            鍼灸学修士・鍼灸学士・鍼灸師・柔道整復師

  


Posted by 清野充典  at 09:48Comments(0)清野充典雑話