たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市


2013年06月18日

3度目の人生

 自分の人生を振り返ってみると、今年の6月から、3度目の人生に入り始めている印象です。

 1度目の人生は、生まれてから18歳までの「少年期」です。
 2度目の人生は、19歳に明治鍼灸短期大学(現明治国際医療大学)に入学してから53歳になった今年6月2日までの「青年期」です。
 2度目の人生は、1度目の人生でなしえなかったことを一つずつ達成する期間でもありました。

 自分が希望したことを実現するために、多くの時間と努力を要しましたが、全てをなし遂げ、納得した気持ちを持つことができた今、3度目の人生に突入し始めていることを実感しています。

 今は、2度目の人生を送っているときに希望したことを、かなえるための人生、つまり「壮年期」になったと思っています。

 孔子曰く、ちょっと遅かったですが「五十にして立つ」です。

 今の目標は、極真空手参段昇段ですが、年を重ねる毎に四段五段を目指したいと思っています。
 また、鍼灸学博士、医学博士、文学博士を取得できるような論文の作成過程を通じて、自己啓発を継続したいと思っています。

 今後は、自分を取り巻く環境内に血族が増え、新たな「いのち」とともに歩むことでしょう。

 鍼灸治療を取り巻く環境が、新たな「いのち」と共に、大きく花開く環境を作っていかなければいけないと思っています。

 鍼灸医療が、医療の中に組み込まれ、鍼灸師が医師と共に診療に携わる環境を日本で構築することが「壮年期」の目標です。

 70歳ぐらいで「壮年期」が終わることを願って活動します。そのためには、相当駆け足でいろいろなことに取り組まなければいけません。

 目標が達成できれば、「老年期」を迎えることができます。世界へ鍼灸医療を広める期間です。4度目の人生を迎え、生きている限り鍼灸医療のために自分の能力を生かしたいと考えています。

 3度目の人生で生涯を閉じないように、毎日全力で走りたいと思っています。 

平成25年6月18日(火)
 明治国際医療大学(旧明治鍼灸大学)客員教授
 順天堂大学医学部医史学研究室研究生      
 清野鍼灸整骨院院長 
  清野充典 記
(平成23年1月1日より毎日更新中)

※写真は 6月2日の空手道大会に於いて シニア35歳以上組手の部で個人優勝したときの賞状と盾です 14日に道場へ行った際 賞状をいただきました
※3日に一度「清野鍼灸整骨院府中センターです」を更新しています 最新最先端の鍼灸治療・東洋医療について書いていますので 東洋医学の適応範囲をお知りになりたい方は是非ご一読いただきたく存じます
※東洋医学全般の情報については清野鍼灸整骨院ホームページ をご参照いただきたく存じます

【東洋医学専門医療機関】

「清野鍼灸整骨院」 
(昭和62年(1987年)2月2日開設)
 受付時間:平日午前9:00~12:00 
          午後3:00~7:00
      木曜午前 ヨーガ教室    
         午後1:00~5:00
       土曜午前9:00~12:00 
          午後3:00~6:00 
 休   日:木曜午前・日曜・祝日 
 場   所:東京都調布市布田1-45-1CIELOビル3階
 電話番号:042-481-3770
 院   長:清野充典中国学修士・鍼灸学士
         鍼灸師・柔道整復師・ヨーガ教師(インド政府公認国家資格)

  


Posted by 清野充典  at 00:04Comments(0)清野充典雑話