たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市


2011年02月08日

極真空手二段の免状

 国際武道会・極真会館増田道場より、二段の免状をいただきました。

 英語入りです。

 週2回稽古をしています。

 健全な肉体に健全な精神が宿る。

 今日も道場へ行きます。

清野充典 押忍

  


Posted by 清野充典  at 17:10Comments(0)清野充典雑話

2011年02月07日

お花をいただきました

 本日、清野鍼灸整骨院開院25周年に対し、患者様よりお花を頂戴しました。
 
 ありがとうございました。

(平成23年1月1日より毎日更新中)
  


Posted by 清野充典  at 17:27Comments(0)清野充典雑話

2011年02月06日

明治国際医療大学たには会西近畿支部10周年記念講演会実施中

 大阪府大阪市にある新大阪ワシントンホテルプラザにて、明治国際医療大学たには会西近畿支部10周年記念式典・講演会・祝賀会が開催されています。

 西近畿支部の会員である大坂・和歌山・奈良の卒業生が多数参列しています。
 
 今日は、たには会副会長として出席しています。

(平成23年1月1日より毎日更新中)   


Posted by 清野充典  at 13:44Comments(0)明治国際医療大学

2011年02月05日

極真空手弐段の帯

 昨日、国際武道会・極真会館増田道場より、弐段の免状と帯をいただきました。

 増田道場には、主席師範を除けば、四段の師範代1人と参段の指導者2人以外、上の段位の人がおりません。弐段も、各支部の支部長クラスや各道場の指導員クラスが数人いるだけです。

 弐段の帯を見て、改めて気が引き締まりました。

 より一層稽古に励み、日常生活を節制し、弐段にふさわしい所作を身につけたいと思います。

 次の目標は、参段です。向上心を忘れずに、毎日を大切に過ごしたいと思います。

清野充典 拝

(平成23年1月1日より毎日更新中)  


Posted by 清野充典  at 12:30Comments(0)IBMA極真会館

2011年02月04日

今日から立春です

 今日から立春ですね。

 東京は春の訪れを告げるかのように温かです。

 「立春」とは、太陰暦である旧暦に基づいた季節の用語で、「二十四節気」の一つです。

 「これから暖かくなりますよ」ということを意味しますが、二月三月は、暖かい日と寒い日が繰り返し来ます。

 こういうことを「三寒四温」といいます。

 気温の上下に対応する主な臓器は「肝臓」です。そのため、三寒四温のこの時期は、「肝臓」に負担がかかります。

 「肝臓」が疲労してくると、
  1.疲れやすい
  2.イライラして怒りっぽくなる
  3.食欲が低下する
  4.眼が疲れ、涙目になりやすい
  5.じんましんが出る
等の症状が出ます。こんなときは、七~八時間の睡眠を心掛けることで乗り切ることができます。

 体を休めても症状が消失しない人は、鍼灸治療をすることで肝臓の働きが回復します。

 寒暖の差をあまり感じず、体温調節に労力を要さなくなる「立夏」迄の三カ月間、肝臓をいたわっていただきたいと思います。

平成23年2月4日(金)
 清野充典 記

(平成23年1月1日より毎日更新中)  


Posted by 清野充典  at 15:04Comments(0)東洋医学よもやま話

2011年02月03日

今日は健康体操教室の新年会です

 清野保健医療福祉株式会社は、保健事業の一つとして「健康研究サークル オアシス」という会の運営を行っております。

 今日は、「オアシス」で行っている活動の一つである「健康体操教室」の新年会を行いました。

 当教室は、生徒さん一人一人の病状を確認し、40年以上に及ぶヨーガの実践経験と医学知識に基づき、一人一人の運動方法を作成しています。

 医療従事者が、アーユルベーダー医学という「インド医学」や「中国医学」及び「日本医学」と「現代西洋医学」を融合して指導している、日本では類のない体操教室です。

  インド発祥の運動法が、「ヨーガ」です。
  中国発祥の運動法が、「太極拳」や「気功」等です。
  日本発祥の運動法が、「肥田式強健術」や「自彊術」等です。

 上記運動法の中で、生徒さん一人一人の運動能力が向上することにつながる運動法を、東洋医学に基づいて選択し、「現代西洋医学」とも照らし合わせて「運動の処方箋」を作成しています。

 生徒さんは、20歳代から80歳代までの方です。本日行った新年会には、88歳の方お二人と87歳の方にご出席いただきました。

 活気あふれる楽しい会でした。

平成23年2月3日(木)
 清野充典 記

(平成23年1月1日より毎日更新中)
  


Posted by 清野充典  at 19:40Comments(0)東洋医学友の会 オアシス

2011年02月02日

今日は開設記念日です 25年目になりました

 今日は、昭和62年(1987年)2月2日に開院した清野鍼灸整骨院の「開設記念日」です。

 おかげさまで25年目の春を迎えることができました。

 私は、世界で初めて開学した鍼灸医学を専門に研究する高等教育機関である「明治鍼灸短期大学(3年制)」を卒業しました。

 卒業生は、世界最先端にある日本の鍼灸医学・医療を伝える使命を持つように教育を受けました。
 
 東京都での開院第1号者となった私は、母校の名前や日本の鍼灸医療の名を汚すことのないように、30年近く医療活動を継続してまいりました。

 その間、母校は明治鍼灸大学(4年制)となり、大学院の修士課程・博士課程を併設し、鍼灸学部以外に保健医療学部柔道整復学科、看護学部を併設し、明治国際医療大学と校名を変更しました。

 大学の発展に歩調を合わせるように、学問の向上に努め、茨城大学・人間総合科学大学へ通学し、大学評価・学位授与機構より「鍼灸学士」を取得しました。その後、大東文化大学・大東文化大学大学院・東北福祉大学に通学し、社会保障制度の変遷を視野に入れながら、世界の中における日本・世界の中における東洋医学を研究しております。

 時代は、患者さんに対し、近代西洋医学と東洋医学を適時に提供する「統合医療」というシステムへと変換しつつあります。

 25周年を迎えたこれからの1年は、21世紀の医療といわれる「統合医療」の理想像を求めて努力精進を重ね、最新で最先端の鍼灸医療構築を目指し、邁進する所存です。

 これからもよろしくお願い申し上げます。

平成23年2月2日(水)
 清野充典 拝

(平成23年1月1日より毎日更新中)  


Posted by 清野充典  at 10:28Comments(0)東洋医学講座

2011年02月01日

開院満24年になりました

 昭和62年(1987年)2月2日に開院して以来、本日でまる24年が経過しました。

 皆様よりご支援を賜わった結果であると心より感謝いたしております。

 ブログを通してですが、皆皆様に御礼申し上げます。ありがとうございました。

 明日から、25年目となります。来院してくださった皆様に対する感謝の気持ちとして、目に見えるイベントを様々行いたいと思っております。

 まずは、明日からです。2月2日から28日まで、開院25周年記念イベント第1弾を実施いたします。

 通院していただいている方には○○○を進呈いたします。

 また、運よく当院に初めていらっしゃった方や久しぶりにいらっしゃった方にも、サプライズが・・・。

 乞うご期待を(*^_^*)

平成23年2月1日(火)
 清野充典拝

(平成23年1月1日より毎日更新中)  


Posted by 清野充典  at 14:44Comments(0)東洋医学講座