たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市


2011年11月27日

フリースタイル空手オープン2011 開催

 国際武道人育英会主催のフリースタイル空手オープン2011が、東京都渋谷区にある代々木上原中学校で、開催されました。

 清野鍼灸整骨院スタッフは、一日医療救急スタッフとして、大会をサポートしました。

 骨折、脱臼や脳震盪など、救急対応が必要な選手に対し、医療処置を行いました。

清野充典 記
  


Posted by 清野充典  at 19:05Comments(0)IBMA極真会館

2011年05月02日

初めて極真会館空手道大会の審判をしました

 平成23年(2011年)5月1日(日)に、東京都府中市にある府中総合体育館で、極真会館増田道場春季交流試合空手道大会が行われました。

 当日は、清野鍼灸整骨院スタッフとともに、医務を担当しました。

 柔道整復医療・鍼灸医療は急性疾患に対応可能な医療です。

 骨折や脱臼した選手に、柔道整復治療をすることにより、痛みは即座に止まり、予後(治るまでの見通し)はとてもよくなります。

 鍼灸治療治療の併用すると、治癒までの期間が1~2週間短縮できます。

 最新の医学に基づき、最先端の医療を提供しています。

 最新の医療を提供する際の苦労は、あまりにも新しく、他と違いすぎるので、理解していただくために、説明の時間を何時もの倍以上要するという事です。

 東洋医療を理解していただくための努力が続きます。

 当日は、生まれて初めて審判員を経験しました。

 極真会館の弐段になり、国際審判員4級の資格を取得したこともあり、審判員の依頼を受諾いたしました。

 初めてという緊張感が多少あり、いささか疲労しましたが、審判員は試合に大きくかかわっているという事を改めて実感しました。

 貴重な体験をし、今後の人生に大きな糧を得た気持でした。

 写真は副審判をしているところです。赤と白の旗を持っている人が私です。

平成23年(2011年)5月2日(月)
 清野充典 記

(平成23年1月1日より毎日更新中)


  


Posted by 清野充典  at 12:03Comments(0)IBMA極真会館

2011年05月01日

極真会館空手道大会の医務スタッフをしています

 極真会館増田道場春季交流試合空手道大会が、東京都府中市にある府中総合体育館で行われています。

 今日は清野鍼灸整骨院スタッフで、医務を担当しています。

 柔道整復医療・鍼灸医療は急性疾患に対応可能な医療です。

 今日は、一日緊張した時間が続きます。


平成23年(2011年)5月1日(日)
 清野充典 記

(平成23年1月1日より毎日更新中)


  


Posted by 清野充典  at 10:05Comments(0)IBMA極真会館

2011年02月12日

極真会館増田道場本部へ行きました

 本部道場がある八王子の多摩道場へ行きました。

 本部道場では、他の道場と異なり、写真のように自分の名前が掲げられています。

 初段は現在58名いますが、弐段はご覧のように9人のみです。

 身の引き締まる思いで、2時間稽古に汗を流しました。

 本部道場では、若い屈強の道場生が沢山来ています。

 10代・20代の道場生を相手に、自己研鑽しました。

清野充典 押忍

  


Posted by 清野充典  at 00:20Comments(0)IBMA極真会館

2011年02月05日

極真空手弐段の帯

 昨日、国際武道会・極真会館増田道場より、弐段の免状と帯をいただきました。

 増田道場には、主席師範を除けば、四段の師範代1人と参段の指導者2人以外、上の段位の人がおりません。弐段も、各支部の支部長クラスや各道場の指導員クラスが数人いるだけです。

 弐段の帯を見て、改めて気が引き締まりました。

 より一層稽古に励み、日常生活を節制し、弐段にふさわしい所作を身につけたいと思います。

 次の目標は、参段です。向上心を忘れずに、毎日を大切に過ごしたいと思います。

清野充典 拝

(平成23年1月1日より毎日更新中)  


Posted by 清野充典  at 12:30Comments(0)IBMA極真会館

2011年01月28日

極真空手弐段「認定通知書」受理

 平成22年12月23日に受験した、極真会館増田道場の昇段試験認定通知書が届きました。

 写真が、その「認定通知書」です。

 空手の道は、東洋医学の道に通じます。

 最近は、当院スタッフに対し、鍼灸治療の技術を伝授する際、とみに空手の技術を引用するようになりました。

 もしかしたら、「空手バカ」かもしれません(*^_^*)。

平成23年1月28日(金)
 清野充典 記  


Posted by 清野充典  at 09:51Comments(0)IBMA極真会館

2011年01月22日

極真空手弐段になりました

 2010年(平成22年)12月23日に、極真会館増田道場において、弐段の昇段審査を受けました。

 当日は、「組手型」3種類、「伝統型」2種類をしたのち、「連続組手」を行いました。

 昨日その結果の発表があり、無事合格することが出来ました。

 写真は、発表された張り紙の一部です。

 一年間忙しい生活をする中、年末の昇段審査に体調をあわせ、計画的に稽古をしてきたかいがありました。

 新年早々、自分にとってはうれしいお年玉です。

 東北福祉大学の勉強も、2000文字のレポートを無事56本作成し、今年度分はほぼ一段落しました。

 これからは、修士論文作成に全力を傾けます。  


Posted by 清野充典  at 10:37Comments(0)IBMA極真会館

2011年01月08日

空手の初稽古をしました

 昨日、空手の初稽古をしました。汗をかくと気持ちいいです。

 頭脳労働だけしていると、心と身体が分離してくるので、週二回道場へ行っています。

 空手の道は、極めようとすればするほど、鍼灸の道に通ずることに気づきます。

 東洋医学を極めるためにも、空手道を極めようとすることは大切であると感じて、稽古に精を出しています。

 極真会館増田道場の調布道場に来る黒帯の方たちと記念撮影しました。

 写真中央は、全日本無差別級王者秋吉三段です。
  


Posted by 清野充典  at 08:22Comments(2)IBMA極真会館

2010年11月21日

極真空手道大会で救護活動中

 極真空手道大会が、東京都内で行われています。
 清野鍼灸整骨院のスタッフ5人で救護活動にあたっています。
 空手道は、一瞬で勝負が決まることが多いため、目が話せません。救護する時の初動動作を迅速に行うために、試合をじっと見守っています。緊張した時間が続いています。

東洋医学専門医療機関 清野鍼灸整骨院
 清野充典 
  調布本院   042-481-3770
  府中センター 042-335-3770

  


Posted by 清野充典  at 10:19Comments(0)IBMA極真会館

2010年05月02日

極真会館空手道大会開催

極真会館空手道大会が、多摩市の武道館で始まりました。今日は、大会ドクターとして医務のボランティアを行っています。
  


Posted by 清野充典  at 10:06Comments(0)IBMA極真会館