たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市


2018年06月21日

妊婦さんの服装

 今日、目の前から、ファッショナブルな格好をしたミニスカート姿の女性が歩いてきました。

 思わず、目を引いたのは、ミニスカートだったからではなく、妊婦さんだったからです。

 かなり大きなおなかをしていたので36週は過ぎていたと思います。

 今日は6月21日ですが、天気が良いわけでもなく、決して暑い日とは言えません。寒くもなく過ごしやすい時期ですが、今にも雨が降りそうな梅雨夜空です。

 思わず、「ズボンをはいたら良いのに・・・・。」と大きな声でつぶやいてしまいました。彼女には聞こえなかったと思います。

 太ももを冷やすと、逆子になりやすいばかりでなく、陣痛が起きにくく、出産後の出血が止まりにくくなる傾向があります。つまり、難産を引きおこす恐れがあると言うことです。

 最近は、おなかが大きくなっても、サラシを巻かない人が多いそうです。サラシを巻くことは、戌の日に巻く迷信があるせいか、縁起物と思っている人も少なくないと思いますが、冷えやすい、逆子になりやすい、おなかを支えないので腰痛を引き起こしやすい、何より子宮壁が緊張しやすくなり赤ちゃんが窮屈な思いをすることに繋がりかねないなどの点を解消する利点があります。

 お腹がすっきりしていたので、腹帯すらしていない様相でした。「今時の人は・・・・。」で済ましてよいことでしょうか。

平成30年6月21日(木)
 清野充典 l記


  • 同じカテゴリー(東洋医学よもやま話)の記事画像
    漢方とは何か
    「災害と鍼灸」シンポジウム開催中
    身体の冷やしすぎに要注意
    夏バテは体の冷やしすぎが原因
    がん診療連携拠点病院と鍼灸院
    同じカテゴリー(東洋医学よもやま話)の記事
     漢方とは何か (2018-05-25 17:47)
     立春後東京は初めて温かい日を迎えています (2014-02-07 13:57)
     風邪を引かないため室温は高めに設定しましょう (2014-02-06 12:56)
     三寒四温の春 健康管理のポイントは肝臓です (2014-02-05 11:41)
     今日は立春ですが東京は雪です (2014-02-04 17:50)
     2014年度の医学部定員は9041人 (2013-12-18 10:22)

    Posted by 清野充典  at 14:38 │Comments(0)東洋医学よもやま話

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    妊婦さんの服装
      コメント(0)