たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市


2018年06月12日

ヨーガとは何か13 ヒンドゥー教とヨーガについて

 ヒンドゥー教は、インドの自然宗教である。

 ヒンドゥー教では、人の手によらない聖典である「天啓聖典」(シュルティ)と古代の聖人が書いた「古伝書」(スムリティ)を聖典としている。

 前者の聖典が『ヴェーダ』である。

 後者の代表的な書は『マハーバータラ』・『ラーマーヤナ』・『バガヴァット・ギーター』である。

 保坂は、叙事詩である『マハーバータラ』・『ラーマーヤナ』には、ヨーガの記述が見えると言っている。

 また、ブラフマンは、徐々に神格化されて「ブラフマー」となり、シヴァ神やヴィシヌ神と同一視されるようになることから、『ウパニシャッド』や『リグ・ヴェーダ』もヒンドゥー教の聖典と言える。

 『ヨーガ・スートラ』は、ヒンドゥー教教学の正統ヨーガの根本教典と見なされていることから、ヒンドゥー教とヨーガは、輪廻を解脱するための修行法としてともに歩んできたと言えるであろう。

【参考文献】
(7)ヒンドゥー教とヨーガについて
 1)『宗教学入門』、棚次正和・山中弘編著、ミネルヴァ書房、2005年(平成17年)3月、84~85頁。
 2)『仏教とヨーガ』、保坂俊司著、東京書籍、2004年(平成16年)2月、89頁。
 3)『アジア仏教史 インド編Ⅴ インドの諸宗教』、中村元・笠原和男・金岡秀友監修・編集、佼成出版社、62頁。
 4)『仏教とヨーガ』、保坂俊司著、東京書籍、2004年(平成16年)2月、94頁。

平成30年6月12日(火)
 東洋医学中心保健機関 オアシス代表
  清野充典 記
   ヨーガ療法師・ヨーガ教師 (インド政府認定国家資格)

東洋医学中心保健機関

オアシス
(平成9年(1998年)4月1日開設)
 開設者 清野充典 
        
  活動日時:随時(ご入会者には詳細をお知らせいたします)
  入会金 :540円
  月会費 :110円  年会費:1300円
  体操教室:4部は毎週水曜日、他は木曜日
  開催時間:1部…午前 9:00~ 9:50  調布
        2部…午前10:00~10:50  調布
        3部…午前11:00~12:00  調布(特別クラス)
        4部…午後 7:30~ 8:30  調布(夜間クラス)
        5部…午前 9:00~ 9:50  府中
        6部…午前10:00~10:50  府中
        7部…午前11:00~11:50  府中
  定   員 :1部~4部は15名 5・6部は20名
  体操教室会費(オアシス活動の一部です)
   登録費 1,000円
   月会費 4,000円
  事務局 :東京都調布市布田1-45-1 CIELO3階
  電話番号:042-481-3770(調布)
       042-335-3770(府中)  


  • 2018年06月12日

    ヨーガとは何か12 インド六派哲学について(2)

     ヴェーダーンタ哲学の基本文献)と考えられている『バガヴァット・ギーター』は、200年頃に原型が成立し、100年前には原型が確定したと考えられている。

     『バガヴァット・ギーター』には、ヨーガに関する記載が多く見える。

     また、サーンキヤ哲学の原型が形成された時代は、『ウパニシャッド』成立後期の書物である『マイトリ・ウパニシャッド』が関与している。

     ヨーガ学派は、サーンキヤ・ヨーガとも呼ばれており、サーンキヤ学派の影響を受けて成立している。

     サーンキヤ学派・ヨーガ学派は、ともに成立時期が紀元前4世紀より3世紀の間に成立したとされている。

     バラモンの六派哲学は、それぞれ他を補完し合う性格のものと考えられる。

    【参考文献】
    (6)インド六派哲学について
     1)『バラモンの精神界 インド六派哲学の教典』、湯田豊訳・解説、すずき出版、1992年(平成4年)10月、12~13頁。
     2)『バラモンの精神界 インド六派哲学の教典』、湯田豊訳・解説、すずき出版、1992年(平成4年)10月、332頁。
     3)『YIC日本語版・講義資料集』Vol.1、日本ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ・ケンドラ謹製、2009年(平成21年)12月、8頁。
     4)『バガヴァット・ギータ』、スワミ・プラバヴァーナンダ、クリスト・イシャウッド共編、熊澤教眞訳、ヴェーダーンタ文庫、1970年(昭和45年)5月。
     5)『YIC日本語版・講義資料集』Vol.1、日本ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ・ケンドラ謹製、2009年(平成21年)12月、11頁。
     6)『仏教とヨーガ』、保坂俊司著、東京書籍、2004年(平成16年)2月、85頁。
     7)『仏教とヨーガ』、保坂俊司著、東京書籍、2004年(平成16年)2月、89頁。
     8)『バラモンの精神界 インド六派哲学の教典』、湯田豊訳・解説、すずき出版、1992年(平成4年)10月、14頁。

    平成30年6月12日(火)
     東洋医学中心保健機関 オアシス代表
      清野充典 記
       ヨーガ療法師・ヨーガ教師 (インド政府認定国家資格)

    東洋医学中心保健機関

    オアシス
    (平成9年(1998年)4月1日開設)
     開設者 清野充典 
            
      活動日時:随時(ご入会者には詳細をお知らせいたします)
      入会金 :540円
      月会費 :110円  年会費:1300円
      体操教室:4部は毎週水曜日、他は木曜日
      開催時間:1部…午前 9:00~ 9:50  調布
            2部…午前10:00~10:50  調布
            3部…午前11:00~12:00  調布(特別クラス)
            4部…午後 7:30~ 8:30  調布(夜間クラス)
            5部…午前 9:00~ 9:50  府中
            6部…午前10:00~10:50  府中
            7部…午前11:00~11:50  府中
      定   員 :1部~4部は15名 5・6部は20名
      体操教室会費(オアシス活動の一部です)
       登録費 1,000円
       月会費 4,000円
      事務局 :東京都調布市布田1-45-1 CIELO3階
      電話番号:042-481-3770(調布)
           042-335-3770(府中)  


  • 2018年06月12日

    ヨーガとは何か11 インド六派哲学について(1)

     『根本教典』インドにおいて発展した哲学は、「ダルシャナ」と呼ばれる。

     ダルシャナと言う語は「見ること」を意味している。インドの思想家によって見られたものを意味しており、哲学大系を意味している。

     ダルシャナに代表されるのは、ヴェーダの権威を承認するバラモンの諸哲学大系である。それは、ミーマーンサー、ヴェーダーンタ、サーンキヤ、ニヤーヤ、ヴァイシェーシカ、そしてヨーガである。これを、インド六派哲学と言っている。

     ニヤーヤ・ヴァイシェーシカ学派は自然哲学的学派であり、ミーマーンサー・ヴェーダーンタ・サーンキヤ・ニヤーヤ・ヴァイシェーシカ・ヨーガ学派は宗教的学派である。

     バラモンの哲学大系は、ヴェーダ、ウパニシャッド、ブラーフマナを権威と見なしている。ヨーガ学派が、インドの六派哲学に位置づけられていることは、これまで論じてきた書物とヨーガが密接な関係にあることを裏付けている。

    平成30年6月12日(火)
     東洋医学中心保健機関 オアシス代表
      清野充典 記
       ヨーガ療法師・ヨーガ教師 (インド政府認定国家資格)

    東洋医学中心保健機関

    オアシス
    (平成9年(1998年)4月1日開設)
     開設者 清野充典 
            
      活動日時:随時(ご入会者には詳細をお知らせいたします)
      入会金 :540円
      月会費 :110円  年会費:1300円
      体操教室:4部は毎週水曜日、他は木曜日
      開催時間:1部…午前 9:00~ 9:50  調布
            2部…午前10:00~10:50  調布
            3部…午前11:00~12:00  調布(特別クラス)
            4部…午後 7:30~ 8:30  調布(夜間クラス)
            5部…午前 9:00~ 9:50  府中
            6部…午前10:00~10:50  府中
            7部…午前11:00~11:50  府中
      定   員 :1部~4部は15名 5・6部は20名
      体操教室会費(オアシス活動の一部です)
       登録費 1,000円
       月会費 4,000円
      事務局 :東京都調布市布田1-45-1 CIELO3階
      電話番号:042-481-3770(調布)
           042-335-3770(府中)  


  • 2018年06月12日

    ヨーガとは何か10 ブラフマンとアートマンについて

     『ウパニシャッド』は『ヴェーダ』の末尾という意味で『ヴェーダーンタ』とも言われる。『ヴェーダーンタ』が書かれたことにより、インドの根本的哲学思想が生まれてきたと考えられている。

     『リグ・ヴェーダ』に見える思想を代表する一元的な原理が、創造主であり万物の根源であるプラジャーパティ(prajapati)であった。この思想原理は、祭祀との関わりを強めながらより一層抽象的となり、新たな抽象原理である「ブラフマン」と「アートマン」を生み出している。

     ブラフマンとは、祈りの文句とそれに含まれている神秘の力を意味している。バラモンでは「宇宙の根本的想像力」を意味する。

     アートマンとは、気息の意味から「個体の本体」・「自我」と解釈される。自我は、宇宙本体の一模型であり、自我と宇宙我とは一致しなければならないという「梵我一如」の思想に発展し、この思想が輪廻の思想へと繋がって行く。輪廻は繰り返されるため、宇宙我に合一し再び生まれてこないために解脱を目指すようになり、ここからヨーガの修行が発展していったと考えられている。

     『ウパニシャッド』成立中期の書物に、『シュヴェターシュヴァタラ・ウパニシャッド』がある。その一節に、ブラフマンについての記載が見える。
     
    【参考文献】
    (5)ブラフマンとアートマンについて
     1)『アジア仏教史 インド編Ⅴ インドの諸宗教』、中村元・笠原和男・金岡秀友監修・編集、佼成出版社、61頁。
     2)『仏教とヨーガ』、保坂俊司著、東京書籍、2004年(平成16年)2月、70頁。
     3)『アジア仏教史 インド編Ⅴ インドの諸宗教』、中村元・笠原和男・金岡秀友監修・編集、佼成出版社、62頁。
     4)『YIC日本語版・講義資料集』Vol.1、日本ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ・ケンドラ謹製、2009年(平成21年)12月、17頁。

    平成30年6月12日(火)
     東洋医学中心保健機関 オアシス代表
      清野充典 記
       ヨーガ療法師・ヨーガ教師 (インド政府認定国家資格)

    東洋医学中心保健機関

    オアシス
    (平成9年(1998年)4月1日開設)
     開設者 清野充典 
            
      活動日時:随時(ご入会者には詳細をお知らせいたします)
      入会金 :540円
      月会費 :110円  年会費:1300円
      体操教室:4部は毎週水曜日、他は木曜日
      開催時間:1部…午前 9:00~ 9:50  調布
            2部…午前10:00~10:50  調布
            3部…午前11:00~12:00  調布(特別クラス)
            4部…午後 7:30~ 8:30  調布(夜間クラス)
            5部…午前 9:00~ 9:50  府中
            6部…午前10:00~10:50  府中
            7部…午前11:00~11:50  府中
      定   員 :1部~4部は15名 5・6部は20名
      体操教室会費(オアシス活動の一部です)
       登録費 1,000円
       月会費 4,000円
      事務局 :東京都調布市布田1-45-1 CIELO3階
      電話番号:042-481-3770(調布)
           042-335-3770(府中)