たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市


2018年06月09日

ヨーガとは何か6 『ヴェーダ』について(1)

 アーリア人のインド定着と共に成立して行ったのが、『ヴェーダ』である。『ヴェーダ』とは、多くの聖典の総称である。

 広義のヴェーダ聖典とは、『リグ・ヴェーダ』・『アタルヴァ・ヴェーダ』・『サーマ・ヴェーダ』・『ヤジュル・ヴェーダ』のヴェーダ本集をはじめとして、『ブラーフマナ』(梵書)、『アーラニヤカ』(森林書)、『ウパニシャッド』(奥義書)をすべて含めていう。

 しかし、一般に狭義のヴェーダ聖典といえば、ヴェーダ本集の四部をさす。

 今日でもヴェーダ本集は、ヒンドゥー教において最も権威ある聖典として崇められているが、インド・ヨーロッパ語族に属する人々の有する最古の文献でもある。

 特に、『リグ・ヴェーダ』の成立は古く、現在のかたちに編纂されたのは、紀元前1000~800年ごろとされ、以来、暗誦によって今日までほとんど変わらずに伝えられている。

 ヴェーダ本集は、過去3000年以上にも及ぶインド精神史の中心に位置し、インドの精神文化は、これ抜きに語ることはできないほどである。さらに、このヴェーダ本集において、祭祀とともに重要な役割を担うのが苦行である。

 今日の理解では、この苦行の延長線上にヨーガは位置づけられている。

平成30年6月9日(土)
 東洋医学中心保健機関 オアシス代表
  清野充典 記
   ヨーガ療法師・ヨーガ教師 (インド政府認定国家資格)

東洋医学中心保健機関

オアシス
(平成9年(1998年)4月1日開設)
 開設者 清野充典 
        
  活動日時:随時(ご入会者には詳細をお知らせいたします)
  入会金 :540円
  月会費 :110円  年会費:1300円
  体操教室:4部は毎週水曜日、他は木曜日
  開催時間:1部…午前 9:00~ 9:50  調布
        2部…午前10:00~10:50  調布
        3部…午前11:00~12:00  調布(特別クラス)
        4部…午後 7:30~ 8:30  調布(夜間クラス)
        5部…午前 9:00~ 9:50  府中
        6部…午前10:00~10:50  府中
        7部…午前11:00~11:50  府中
  定   員 :1部~4部は15名 5・6部は20名
  体操教室会費(オアシス活動の一部です)
   登録費 1,000円
   月会費 4,000円
  事務局 :東京都調布市布田1-45-1 CIELO3階
  電話番号:042-481-3770(調布)
       042-335-3770(府中)  


  • 2018年06月09日

    ヨーガとは何か5 ヨーガの起源について(2)

     日本ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ・ケンドラでは、「4500年前のインダス文明都市遺跡からヨーガ行者らしき姿をした人物像が出土。」と言っている。

     保坂俊司は、「ヨーガの起源をインダス文明期の宗教信仰に求める場合は、どうだろうか。実は、モヘンジョ=ダロ出土の印章(前二五〇〇年ごろ)で、シヴァ神がヨーガを行じている姿のような人物を彫ったものがある。台座の上に両足裏を軽く合わせ、両手を両膝の上に軽く添えており、現在でいう「吉祥坐」を組んでいるこの人物は、胸と腹部が非常に発達して錬達のヨーガ行者を思わせ、その両腕には刺状の鳥の羽、あるいは動物の皮毛を表すと思われる表象がある。これが何を表すのか不明であるが、古来、動物の毛を着る、あるいは身に着けるという行為は、子宮への回帰を意味し、宗教的な再生を表現する隠喩とされることなどから、この印章は宗教者、現代的にいえばおそらくヨーガの修行者を表したものと考えることができよう。」と言っている。

     ヨーガ起源の有力な説と言える。

    【参考文献】
    (2)ヨーガの起源について 
     1)『宗教学入門』、棚次正和・山中弘編著、ミネルヴァ書房、2005年(平成17年)3月、83頁。
     2)『YIC日本語版・講義資料集』Vol.1、日本ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ・ケンドラ謹製、2009年(平成21年)12月、5頁。
     3)『仏教とヨーガ』、保坂俊司著、東京書籍、2004年(平成16年)2月、59~60頁。

    平成30年6月9日(土)
     東洋医学中心保健機関 オアシス代表
      清野充典 記
       ヨーガ療法師・ヨーガ教師 (インド政府認定国家資格)

    東洋医学中心保健機関

    オアシス
    (平成9年(1998年)4月1日開設)
     開設者 清野充典 
            
      活動日時:随時(ご入会者には詳細をお知らせいたします)
      入会金 :540円
      月会費 :110円  年会費:1300円
      体操教室:4部は毎週水曜日、他は木曜日
      開催時間:1部…午前 9:00~ 9:50  調布
            2部…午前10:00~10:50  調布
            3部…午前11:00~12:00  調布(特別クラス)
            4部…午後 7:30~ 8:30  調布(夜間クラス)
            5部…午前 9:00~ 9:50  府中
            6部…午前10:00~10:50  府中
            7部…午前11:00~11:50  府中
      定   員 :1部~4部は15名 5・6部は20名
      体操教室会費(オアシス活動の一部です)
       登録費 1,000円
       月会費 4,000円
      事務局 :東京都調布市布田1-45-1 CIELO3階
      電話番号:042-481-3770(調布)
           042-335-3770(府中)  


  • 2018年06月09日

    ヨーガとは何か4 ヨーガの起源について(1)

     ヨーガとは、いつ頃から行われていたのであろうか。

     ヨーガの起源には2つの説が存在する。

     インドの歴史は、インダス文明から始まるとされている。この文明の担い手等については不明な点が多く、その後のインドにおける歴史との間に大きな断絶が見られる。

     おおよそ前15世紀頃、アーリア人がインドに侵入して来る。彼らの中で『ヴェーダ』と呼ばれる聖典が成立する。『ヴェーダ』を根本聖典とする宗教が、ヒンドゥー教である(1)。

     ヒンドゥー教の中心の一つを形成するヨーガの正当性を意識した説である。この説に従えば、ヨーガの起源は、インド以外の地となる。もう1つの説は、インダス文明の精神・伝統に起源を求めるもので、ヨーガの土着説あるいは自生説である。現在、このどちらにも決定的な根拠を見いだすのは難しい(2)。

    平成30年6月9日(土)
     東洋医学中心保健機関 オアシス代表
      清野充典 記
       ヨーガ療法師・ヨーガ教師 (インド政府認定国家資格)

    東洋医学中心保健機関

    オアシス
    (平成9年(1998年)4月1日開設)
     開設者 清野充典 
            
      活動日時:随時(ご入会者には詳細をお知らせいたします)
      入会金 :540円
      月会費 :110円  年会費:1300円
      体操教室:4部は毎週水曜日、他は木曜日
      開催時間:1部…午前 9:00~ 9:50  調布
            2部…午前10:00~10:50  調布
            3部…午前11:00~12:00  調布(特別クラス)
            4部…午後 7:30~ 8:30  調布(夜間クラス)
            5部…午前 9:00~ 9:50  府中
            6部…午前10:00~10:50  府中
            7部…午前11:00~11:50  府中
      定   員 :1部~4部は15名 5・6部は20名
      体操教室会費(オアシス活動の一部です)
       登録費 1,000円
       月会費 4,000円
      事務局 :東京都調布市布田1-45-1 CIELO3階
      電話番号:042-481-3770(調布)
           042-335-3770(府中)  


  • 2018年06月09日

    ヨーガとは何か3 ヨーガの語源について(3)

     パタンジャリが編纂した『ヨーガ・スートラ』は、400~450年に成立したとされている。瑜伽行派との関係を裏付ける年代ではないかと考える。

     保坂は、「ヨーガという言葉が、諸々の修養や、「精神統一を可能ならしめる道徳的な諸原因」を意味したり、日常倫理の段階さえも含む場合がある。これは仏教における八正道の教えや六波羅密、そして『ヨーガスートラ』における八支のヨーガの「禁戒」や「勧戒」の実践、さらにそれらに精進することもヨーガとよぶことにつながっていく。いずれにしてもヨーガという言葉には、単なる瞑想法以上の幅の広い用例があり、それが現在の「ヨーガ」という言葉の多様性を生み出しているのである。」と言っている。保坂の言は、ヨーガにおける解釈を的確に言い表していると考える。

     以上のことから、ヨーガは、「縛り付ける」、「つなぐ」、「結ぶ」、「統合」、「結合」などの意味を包含した辞であると言える。

    【参考文献】
    (1)ヨーガの語源について
     1)『YIC日本語版・講義資料集』Vol.1、日本ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ・ケンドラ謹製、2009年(平成21年)12月、10頁。
     2)『ヨーガの宗教理念』、佐保田鶴治著、平河出版社、1976年(昭和51年)5月、195、366頁。
     3)『ヨーガの宗教理念』、佐保田鶴治著、平河出版社、1976年(昭和51年)7月、213頁。
     4)『ウパニシャッド』、佐保田鶴治著、平河出版社、1979年(昭和54年)7月、212頁。
     5)『ヨーガの宗教理念』、佐保田鶴治著、平河出版社、1976年(昭和51年)7月、214頁。
     6)『仏教とヨーガ』、保坂俊司著、東京書籍、2004年(平成16年)2月、41頁。
     7)東京大学東洋文化研究所南アジア研究部門准教授。平成23年10月22日に東京大学・医学部教育研究棟鉄門記念講堂で行われた第11回東京大学東洋文化研究所公開講座「アジアを知れば世界が見える―アジアの覚」において「沙門ゴータマの目覚めー古代インドと初期仏教―」を講演した馬場紀寿より直接確認。
     8)『仏教とヨーガ』、保坂俊司著、東京書籍、2004年(平成16年)2月、83頁。
     9)『宗教学入門』、棚次正和・山中弘編著、ミネルヴァ書房、2005年(平成17
    年)3月、86頁。
    10)『ゴータマ・ブッタ』、早島鏡正著、講談社、1990年(平成2年)4月、116頁。
    11)『宗教学入門』、棚次正和・山中弘編著、ミネルヴァ書房、2005年(平成17年)3月、94~96頁。
    12)『YIC日本語版・講義資料集』Vol.1、日本ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ・ケンドラ謹製、2009年(平成21年)12月、9頁。
    13)『仏教とヨーガ』、保坂俊司著、東京書籍、2004年(平成16年) 2月、42~43頁。

    平成30年6月9日(土)
     東洋医学中心保健機関 オアシス代表
      清野充典 記
       ヨーガ療法師・ヨーガ教師 (インド政府認定国家資格)

    東洋医学中心保健機関

    オアシス
    (平成9年(1998年)4月1日開設)
     開設者 清野充典 
            
      活動日時:随時(ご入会者には詳細をお知らせいたします)
      入会金 :540円
      月会費 :110円  年会費:1300円
      体操教室:4部は毎週水曜日、他は木曜日
      開催時間:1部…午前 9:00~ 9:50  調布
            2部…午前10:00~10:50  調布
            3部…午前11:00~12:00  調布(特別クラス)
            4部…午後 7:30~ 8:30  調布(夜間クラス)
            5部…午前 9:00~ 9:50  府中
            6部…午前10:00~10:50  府中
            7部…午前11:00~11:50  府中
      定   員 :1部~4部は15名 5・6部は20名
      体操教室会費(オアシス活動の一部です)
       登録費 1,000円
       月会費 4,000円
      事務局 :東京都調布市布田1-45-1 CIELO3階
      電話番号:042-481-3770(調布)
           042-335-3770(府中)