たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市


2010年07月13日

清野鍼灸整骨院の来院患者さん

 清野保健医療福祉株式会社は、全国民の健康に寄与するための会社です。福祉事業の一つである「メディカルデイサービス ちあふる清野」について、7回にわたり説明してまいりました。

 今日からは、医療事業の一つである「清野鍼灸整骨院」がどんな患者さん、どんな病気の方を対象に治療を行っているかのご説明をさせていただきます。

 本日は、「鍼灸治療」対象の患者さんについてです。

 皆さんは、どんな時に鍼灸治療をお受けになっているのでしょうか。現状では、肩こりや腰痛など身体に不調を感じたときのようですが、病名診断されるほど悪化した際に受診する人は極めて少ないようです。

 当院に来院する患者さんは、1~2回以上病気にかかり、薬を飲み続けていたり外科手術を経験したという方がほとんどです。例をあげると「○○病ですが、薬を飲まないで治らないですか。」「手術を勧められたのですが、鍼灸治療で良くならないですか。」という方達です。

 病気にかかり、緊急を要する場合は現代医学が最も有効です。集中治療室でチーム医療を受ける必要があります。そんな場合でも鍼灸治療は有効ですが、現在の医療法ではそれができません。

 問題はそのあとです。一命を取り留めた後の病気管理には鍼灸治療が優位な場合が少なくありません。

 現代医療単独、現代医療と鍼灸医療の併用、鍼灸医療単独の選択ができる医者=統合医療医師 を育成するにはまだまだ時間がかかります。

 清野鍼灸整骨院は、世界最先端の鍼灸医学知識と世界最先端の鍼灸医療技術を兼ね備えた東洋医学専門医療機関です。「どこへ行っても良くならない。」という方が数多く来院されています。

東洋医学専門医療機関 清野鍼灸整骨院 清野充典



  


  • Posted by 清野充典  at 15:52Comments(0)鍼灸医療